【宿泊記】家族旅行はグランドワイキキアンがベスト【ヒルトンハワイアンビレッジ】

ヒルトンのタイムシェアを購入してから実施している、「夏休み子連れハワイ旅行」

2019年も行ってきました。

2019年の旅行で利用したタイムシェア
  • ハワイ島 ~ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ ~『オーシャンタワー
  • オアフ島 ~ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ ~ 『グランドワイキキアン
ハワイ島とオアフ島に行きました!
この記事の内容
  • オアフ島のヒルトンタイムシェア『』に関する情報
  • 『グランド・ワイキキアン』を利用した感想
  • 家族旅行で『グランド・ワイキキアン』がおすすめな理由
目次

グランドワイキキアンがあるヒルトン・ハワイアン・ビレッジとは?

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジとは

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾートは、およそ9万平米という広大な敷地にあるリゾートホテル。

タイムシェア専用の物件から通常のホテルまで多くのヒルトンホテルが集まるビーチリゾートです。

もちろんホテルだけでなく、波がない人工のラグーン、全米ビーチランキング1位にもなったことがあるデューク・カハナモク・ビーチが目の前にあります。

ダイヤモンドヘッドをバックに、長く続く美しい白砂のビーチは何日いても飽きません。

デューク・カハナモク・ビーチ
ヂューク・カハナモク・ビーチ

そんなヒルトン・ハワイアン・ビレッジの場所は、ワイキキ中心部から車で5~10分。

ロイヤルハワイアンセンター近くのハレクラニやトランプホテルからは、徒歩でおよそ15分ほどと中心部からも十分に徒歩圏内の場所。

ワイキキ中心部から少し離れている印象がありますが、トロリーバスやタクシー、最近ではUberも利用可能なので、不便さは一切感じません。

アラモアナショッピングセンターへも徒歩15分ほどなので、ワイキキ中心部と合わせて足を伸ばせばどちらへも行くことができる好立地です。

ハワイアンビレッジ_パラダイスプール
スライダーがあるパラダイスプール

ホテル内にあるプールは6つ。特に子供に人気があるのは、ラグーンタワー真下に位置するパラダイスプール

全長23mもの溶岩トンネルのスライダーを含む、4つのウォータースライダーがあり、子供なら1日中遊んでいても飽きることがないプール。

ハワイアンビレッジにあるプール
  1. スーパープール
    • ビーチに面したリゾート感満載のメインプール
  2. パラダイスプール
    • スライダーなどがある子供に人気のアクティビティプール
  3. タパプール
    • タパタワーにある南国らしいプール
  4. カリアタワープール
    • カリアタワーにある18歳以上限定のアダルトプール
  5. アイリプール
    • ザ・アイリ宿泊者専用のプール
  6. グランドアイランダープール
    • グランド・アイランダー宿泊者専用のプール

タイムシェアではない通常の宿泊ホテルは5つあります。

  • ザ・アリイ
  • レインボー・タワー
  • カリア・タワー
  • タパ・タワー
  • ダイヤモンドヘッド・タワー

オーシャンビューを満喫したい!という方は、ビーチに一番違いレインボー・タワーがおすすめ。

毎週金曜の夜に行われることで有名なヒルトンの花火は、レインボー・タワー前で打ち上げられるので、最高のロケーションです。

そして、タイムシェアとして利用できるのは次の4つ。

カリア・タワーはタイムシェアタワーと通常のホテルタワーどちらもあるタワーとなっています。

タイムシェアタワー
  1. グランド・アイランダー
  2. グランド・ワイキキアン
  3. ラグーンタワー
  4. カリア・タワー

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジには、これだけのホテルがあるため初めて宿泊した時は、各タワーの場所やタイムシェアタワーがどれなのかさっぱりわかりませんでした。

タワー建築順(新しいタワー順)としては、グランド・アイランダー、グランド・ワイキキアン、カリア・タワー、ラグーンタワー。

特にグランド・アイランダーは2017年春にオープンしたので、まだまだ新しいタワーです。

宿泊したグランド・ワイキキアンの1ベッドルームを紹介

今回利用したのは、1ベッドルーム・シティビュー(キングサイズベッド)

週末含む4泊5日で必要なポイント数は5,040ポイント。

ハワイ島に比べると、オアフ島は必要ポイントが高い。

それでは宿泊した部屋をご紹介します。

グランドワイキキアン_リビング2
ダイニング

まずはリビング・ダイニング。

テーブルは、カウンターキッチンとダイニングテーブル(壁備え付けソファー)の2箇所あります。

我が家では、写真真ん中あたりにある壁側ソファーに2人、テーブルの向かい側に椅子を2脚持ってきて4人で利用しました。

カウンターキッチンは写真の通り水筒やデジカメ、プールグッズ置き場となり機能せず…

グランドワイキキアン_リビング
リビングの様子

写真を撮り忘れてしまったため公式ページの写真です。

1枚目ではわかりにくかったですが、右側(少し切れていますが)にあるのがダイニングテーブルで、ソファーとテレビが置かれています。

今回はポイントの関係で一番安いタイプの部屋でしたが、それでもこの広さは十分快適に過ごすことができました。

90Lサイズののスーツケースを2つ、機内持ち込みできる30Lサイズのスーツケースを2つ、そしてベビーカーと荷物がかなり多めの我が家ですが、全て広げても子供達が走り回れるほどの広さ。

この広さのタイムシェアに宿泊するとやはり通常のホテルには戻れませんね。

グランドワイキキアン_キッチン
キッチン

家電類はラグーンタワー同等の設備(ラグーンタワーは2018年に宿泊)。

ハワイ島のオーシャンタワーやグランドアイランダーの方が家電としては最新のものでした。

ただ、家具や家電は5年ほどで入れ替えられるので、ラグーンタワー・グランドワイキキアンどちらも近いうちに新しい設備に換わるのではないでしょうか。

グランドワイキキアン_ベッドルーム
ベッドルーム

チェックイン後すぐに写真を取れなかったため、若干乱れていて申し訳ありません(笑)

ベッドの隣に見えるのはバスタブ。ダイニングテーブルもそうでしたが、グランドワイキキアンは少し特殊な造りになっています。

なぜベッドルームの横にバスタブが…

最初はこのバスタブ使える!?という感じでしたが、プール上がりやビーチ上がりに砂を落としつつ体を暖めたりと、これが以外と使えました。

シャワールームが別であるので、子供達はバスタブ、大人はさっとシャワーとできたので楽でした。

グランドワイキキアン_バスルーム
バスルーム

シャワールーム、トイレ、洗面所が一体となったバスルーム。

部屋で残念だったのはトイレが個室になっていないこと。

朝など洗面所とトイレの利用が同時にできないのでそこは不便でした。

ちなみに、2018年に利用したグランド・アイランダーはトイレが個室になっていたのがよかったですね。

グランドワイキキアン_ラナイからの眺め
ラナイからの眺め

8Fシティービューの部屋でしたが、街並みと緑が広がっていて想像以上に良い景色でした。

オーシャンビューもいいですが、オアフ島は部屋がとりにくいですし、すぐ近くにある海やプールに出かけることも多いので、シティビューでも全く問題なし。

夜、子供達を寝かしつけた後は、「ラナイで風に当たり夜景を眺めながらビール」なんていう贅沢な時間を過ごせました。

子連れ旅行でのお勧めはグランド・ワイキキアン一択

ハワイアンビレッジ_ビーチ

子連れ旅行でをおすすめする理由は2つ。

・部屋に洗濯機と乾燥機がある
・ウォータースライダーがあるパラダイスプールの近さ

タイムシェアを利用した旅行では、6泊など長期間ホテルを利用することになるでしょう。

ヒルトンのタイムシェアはどこのタワーでも洗濯機・乾燥機があるため、洗濯を前提に荷物の準備を行います。

タイムシェアを利用する際は、水着や下着だけでなくオシャレ着洗いの洗剤も持ち込んで、Tシャツやポロシャツなど下着以外の洗濯も行っています。

そんな洗濯機・乾燥機ですが、ラグーンタワーだけ室内にありません。

各フロアにランドリールームが用意されていますが、子供がいる中で洗濯・乾燥に行き、終わったら取りに行くというのは正直言ってかなり面倒でした。

子供が小さい間は部屋に付いている方が確実に便利です。

ハワイアンビレッジ地図
タイムシェアタワーとパラダイスプールの位置関係

次のおすすめポイントは、パラダイスプールへの近さ。

うちの子供達もパラダイスプールが大のお気に入りで、ハワイ旅行で一番楽しかった!と感想を言うほど。

ヒルトンに泊まるなら絶対に利用すべきプールです。

パラダイスプールの場所は上の地図にもある通りラグーンタワーの下。

洗濯機・乾燥機が部屋にあるタワーで、プールへ一番近いのはグランド・ワイキキアンになります。

グランド・アイランダーからももちろん行けますが、ハワイアン・ビレッジ内を10分ほど歩くことになるので結構遠い。

浮き輪などのプールグッズを持ち、子供と歩くのは大変…やっぱりプールは近い方がいいなと思いました。

ただ、グランド・アイランダーのプールも人が少なくて、それはそれで良かったです。

冬などプールに入れない時期であれば、あまり関係はありませんが、これまでヒルトンタイムシェアを利用した結果、この2つのポイントを考慮すると、子連れ旅行ではグランド・ワイキキアンが一番便利でした。

グランド・アイランダーに次いでタワー自体が新しいという理由もあります。

そんな訳で買い換えるならグランド・ワイキキアンかな、という話もするほど気に入っています。

とはいえ、ワイキキ中心部に近いのは、オーシャンビューが綺麗なとそれぞれに良い面がありますので、実際に利用して旅行スタイルに合うホテルを見つけるのも楽しみの1つでしょう!

今回おすすめしているグランド・ワイキキアンはタイムシェア専用ですが、空室があればAgodaやExpediaなどホテル予約サイトから利用することができます。

タイムシェアを買う前に、一度お試しで利用してみるのもオススメです。

👉

👉

2019年のハワイ島のオーシャンタワー宿泊記をはじめ、ハワイ情報をまとめていますので合わせてどうぞ。

おすすめ記事

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

IT企業で働く旅行好きのエンジニア。共働きで絶賛子育て中。長期休みはマイルで飛行機を取り、お得に旅行を楽しんでいます。

夫婦でたくさん稼いでたくさん使うがモットー。家電やガジェット、サブスクなどQoLが上がるもの・生活が便利になるものは積極的に利用してます。
子育て家庭、共働き家庭におすすめできるものは、どんどん紹介していきます!

■SFC/JGC保有
■タイムシェア
■資産運用(日本株・米国株・CFD・FX)
■ポイ活・せどり

コメント

コメントする

目次
閉じる