【ハワイ】レアレアトロリーをクーポンでお得に利用する方法!

ハワイの移動手段で非常に便利なトロリー。

アラモアナショッピングセンターなどのワイキキ市内から東海岸まで幅広く運行されています。

そんなトロリーですが、今回はハワイでお馴染みのHISが運行するレアレアトロリー(LeaLea Trolley)をお得に利用する方法についてまとめます。

レアレアトロリーはコロナの影響で2022年9月30日まで運休となっています。
運休期間はワイキキトロリーの利用がおすすめです。
レアレアトロリーの最新情報は公式サイトから確認できます。
>> LeaLeaトロリー公式サイト

ワイキキトロリー(ピンクライン)を無料で乗る方法など、ハワイでお得になるクレジットカード情報もまとめていますのでご覧ください。

>> ハワイで得するクレジットカード。トロリー無料のJCBとVISAは必需品

こんなヒト向けの記事
  • レアレアトロリーの料金・ルートを知りたい
  • レアレアトロリーの利用を検討している
  • レアレアトロリーをお得に利用したい
目次

 レアレア(LeaLea)トロリーとは?

ハワイには大きく分けて2種類のトロリーがあります。

1つはHISやJTB・JALなど旅行会社が運行するトロリー、そしてもう1つがワイキキトロリーです。

レアレアトロリーはHISが運行しているため、1つ目の旅行会社が運行するトロリーとなります。

ハワイの代表的なトロリー
  1. 旅行会社が運行するトロリー
    • レアレア(LeaLea)トロリー(HIS)
    • オリオリウォーカー・トロリー(JTB)
    • レンボートロリー(JAL)
  2. ワイキキトロリー(JCBカード保有でピンクラインが無料)

レアレアトロリーのルート

レアレアトロリーのルート
レアレアトロリーのルート

レアレアトロリーは5つのルートがあり、下記以外にもKCCファーマーズマーケットが開催される土曜日(7時15分~11時15分)はファーマーズマーケット行きのKCCエクスプレスも運行されます。

  • ダウンタウン・ライン
  • ウエストディナー・ライン
  • アラモアナ/ドンキ・ライン
  • イーストディナー・ライン
  • ダイヤモンドヘッド/カハラモール・ライン

オシャレスポットとして人気のカカアコからショッピングモールがあるカハラまでワイキキ全体をカバーしています。

レアレアトロリーの料金

HISでツアーを申し込んでいる方は無料で利用できますが、個人手配や他のツアー会社を利用している場合はチケットの購入が必要です。

チケットの料金は7日間乗り放題パスと1日乗車券の2通り。

スクロールできます
チケットの種類大人料金子供料金
7日間乗り放題パス$49$39
1日乗車券$25$18
レアレアトロリーの料金
 

1日乗車券でも家族4人だと$100!

便利な反面、結構なお値段するレアレアトロリーをお得に利用する方法をご紹介します。

レアレアトロリーをお得に利用する方法

レアレアトロリーをお得に利用する方法、それはクーポンの活用。

そこでクーポンの取得方法から利用方法までまとめます。

クーポン入手にはLeaLeaマガジンの購入が必要

LeaLeaマガジンとは2006年に創刊された「ハワイの情報誌」。

ハワイ版と日本版の2種類あり、ハワイ版はフリーペーパーとして現地で無料配布されています。

レアレアトロリーのクーポンが付いているのはLeaLeaマガジン日本版(税込700円)。

ハワイ版にクーポンはついていないので、旅行前に日本版LeaLeaマガジンの購入をしましょう。

こちらの雑誌を購入するとレアレアトロリー1日乗車体験のクーポンがついています。

$25必要なレアレアトロリー1日乗車券が700円で乗れるのはかなりお得。

ただし、注意点が1つ。

LeaLeaマガジン1冊につきクーポンは1枚、すなわち1人分となります。

家族など複数人で利用を考えている場合は、人数分のLeaLeaマガジン購入が必要です。

ちなみに前回のハワイ旅行で6人分のクーポンが必要だったため、同じLeaLeaマガジンを6冊購入しました。

LeaLeaマガジン1冊でついてくるクーポンは1枚。
乗車券が必要な人数分だけLeaLeaマガジンを購入しましょう。

クーポンの利用方法

クーポンを利用するには、HISのLeaLeaラウンジへ行きチケットに交換してもらう必要があります。

交換後はトロリー乗車時にチケットを提示するだけでOK。

LeaLeaラウンジの場所はロイヤルハワイアンセンター3階

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

IT企業で働く旅行好きのエンジニア。共働きで絶賛子育て中。長期休みはマイルで飛行機を取り、お得に旅行を楽しんでいます。

夫婦でたくさん稼いでたくさん使うがモットー。家電やガジェット、サブスクなどQoLが上がるもの・生活が便利になるものは積極的に利用してます。
子育て家庭、共働き家庭におすすめできるものは、どんどん紹介していきます!

■SFC/JGC保有
■タイムシェア
■資産運用(日本株・米国株・CFD・FX)
■ポイ活・せどり

コメント

コメントする

目次
閉じる