【ハワイ旅行の持ち物リスト】子連れからコンドミニアム宿泊まで対応

【ハワイ旅行の持ち物リスト】子連れからコンドミニアム宿泊まで対応

旅行の楽しみの1つが出発前の準備。

ハワイ旅行を考えながらの荷造りはワクワクして最高ですね。

「あれ、持ってくればよかった!」「忘れ物してしまった…」とならないように、ハワイ旅行の準備は万全にしておきたいところ。

そこで、この記事ではハワイ旅行に必須・おすすめの持ち物リストをまとめます。

コンドミニアム滞在から子連れハワイにおすすめの持ち物まで幅広くまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

目次

ハワイ旅行の持ち物リスト

ハワイ旅行におすすめの持ち物リストをシーン別に紹介します。

絶対必要パスポート・ESTA
予約確認書
現金・クレジットカード
全般スーツケース
現地で使うバッグ
ガイドブック
充電器・ケーブル
常備薬・日焼け止め
歯ブラシ・歯磨き粉
衣類着替え・下着
ルームウェア・スリッパ
長袖・パーカー
サングラス
飛行機スリッパ・歯ブラシ
筆記用具
マスク
ネックピロ
アクティビティ水着・ラッシュガード・ビーチサンダル
マリンシューズ
スマホケース
あったら便利SIM・ポケットWiFi
モバイルバッテリー
延長コード
エコバッグ
折り畳み傘
コンドミニアム滞在自炊グッズ
洗濯グッズ
子連れハワイ機内グッズ
プール・海グッズ
ハワイ旅行の持ち物リスト

絶対必要な持ち物

貴重品など絶対に忘れてはいけない必需品。

  • パスポート・ESTA
  • 予約確認書(航空券・ホテル・ツアー・レンタカー)
  • 現金・クレジットカード

パスポート・ESTA

アメリカ旅行に必須のパスポートESTA

パスポートはハワイ出国日まで期限が有効であれば問題ありません。

ただし、トラブル回避のためにも半年以上の有効期限が推奨されています。

■ESTAとは
短期の米国渡航に必要な入国審査制度。
日本国籍の場合、VISAは不要(90日以内)ですが事前にESTAで入国申請を行う必要があります。

ESTAの有効期限は2年間

有効期限内であれば再度申請する必要はありません。

審査完了まで申請から最大3日ほど時間がかかる場合があるので、余裕を持って旅行前に申請しましょう。

なお、申請には$21必要になります。

>> ESTA申請はこちら

予約確認書(航空券・ホテル・ツアー・レンタカー)

空港でのチェックインで必要なためフライト情報(Eチケットやメールの控え)をは用意しておきましょう。

航空券・ホテルともアプリに対応していることもありますが、万一に備えて印刷して紙で用意しておくと安心です。

ツアーやレンタカーの予約確認書も忘れずに。

レンタカーを借りる場合は免許証も必須です。

現金・クレジットカード

安全なハワイといえども多額の現金を持ち歩くのは危険。

とはいえチップや現金しか利用できない店舗もあるため現金は必要です。

ただし、ドルは最低限だけにしておき基本はクレジットカード利用をおすすめします。

ハワイでお得なクレジットカードもあるので事前にチェックしておきましょう。

↪️持ち物リストに戻る

全般

  • スーツケース・デジタルはかり
  • 現地で使うバッグ
  • ガイドブック
  • 充電器・ケーブル
  • 常備薬・日焼け止め
  • アメニティグッズ(歯ブラシ・歯磨き粉・コンタクトなど)

スーツケース・デジタルはかり

意外と悩むのがスーツケースの大きさ。

大きい方が安心だけど重量制限にも気をつけないと…

ANAやJALのエコノミークラスでは、1人2個(1個あたり23kgまで)の荷物であれば無料で預けることができます。

>> 【ANA公式HP】国際線の手荷物ルール

>> 【JAL公式HP】国際線の手荷物ルール

お土産を買いすぎて重量オーバーになんてことにならないように気をつけましょう。

ポリカーボネート製のRIMOWAは軽く、重量制限になりにくいため重宝しています。

重量超過により空港で荷物を詰め替えたり、超過料金を払わないためにスーツケースの計測はかりがおすすめ。

帰国前日のホテルで重量を確認できるので安心です。

現地で使うバッグ

ハワイでは、サングラスや帽子、ガイドブックにモバイルバッテリーなど手荷物も多くなります。

そこで、買い物や観光時に必要な荷物を入れられるバッグを用意しましょう。

特に両手が空くリュックタイプやショルダータイプのバッグがおすすめです。

小さいお子さんがいる場合はマストアイテムですね。

ガイドブック

スマホでは見つけにくい話題の観光スポットやレストラン情報のチェックに1冊持っていくのが良いでしょう。

¥1,375 (2022/04/15 01:30時点 | Amazon調べ)

充電器・ケーブル

スマホやカメラの充電器・充電用のケーブルは忘れずに持っていきましょう。

ハワイのコンセントや電圧は、一般的な充電器(ACアダプター)はほとんど対応しているため気にする必要はありません。

充電器は小さくて急速充電できるAnker Nanoシリーズ一択!

利用していない方は、ぜひチェックしてください。

¥3,390 (2021/09/25 23:22時点 | Amazon調べ)

常備薬・日焼け止め

体調不良は突然やってきます。

ハワイ旅行に限らず、胃薬・解熱剤・痛み止めなど常備薬を持っていきましょう。

そして、日焼け止めは日差しの強いハワイには必需品。

とはいえ現地でもハワイらしい日焼け止めがたくさん売られているので、ABCマートなどで購入するのもいいですね。

アメニティグッズ(歯ブラシ・歯磨き粉・コンタクトなど)

日本のホテルとは違いハワイのホテルには歯ブラシなどアメニティグッズが置いていません。

そのため歯ブラシと歯磨き粉は忘れずに持っていきましょう。

私は初ハワイの時、歯ブラシがないことに気づきABCマートへ買いに行きました…

機内でも利用できる旅行用歯ブラシだと便利ですね。

アメニティグッズはトイレタリーバッグにまとめると、ホテルでの使い勝手もよくおすすめ。

JESWOのトイレタリーバッグは360mlのコンタクト洗浄液が縦に入るので重宝しています。

使い捨てコンタクトを利用される方は、予備のコンタクト含め用意しましょう。

大きめサイズのトイレタリーバッグが便利
[ターコイズ/グレー/ダークネイビー/パープル]
¥1,380 (2021/09/21 00:27時点 | Amazon調べ)

↪️持ち物リストに戻る

衣類

  • 着替え・下着
  • 長袖・パーカー
  • ルームウェア・スリッパ
  • サングラス

着替え・下着

汗で着替えることもあるので、宿泊数より少し多めに着替えを用意していきましょう。

とはいえハワイではリーズナブルな洋服もたくさん売っているので、現地で購入するのもいいですね。

衣類の収納にはトラベルポーチが間違いなく便利

インナーや洋服など用途に分けて収納できるので準備も効率的になります。

長袖・パーカー

外は日差しが強く暑いハワイですが、クーラーが効いた室内は冷えることも…

そんな時にパッと着れる長袖・カーディガン・パーカーを用意しておきましょう。

ルームウェア・スリッパ

アメニティグッズに続きハワイのホテルにはパジャマはありません。

短パン・Tシャツなどルームウェアとして持っていきましょう。

ホテルではビーチサンダルでもいいですが、スリッパがあるとリラックスできるのでおすすめです。

機内でもスリッパに履き替えると楽なので携帯用のスリッパは要チェック。

サングラス

ハワイの強い日差しにはサングラスは必須

おしゃれの一環としても忘れずに持っていきたいグッズ。

↪️持ち物リストに戻る

飛行機

ハワイまでは長時間のフライトなので、少しでも快適に過ごせるように準備しましょう。

機内持ち込み用の小さいバッグがあると、紹介するアイテムや貴重品を収納できますよ。

  • スリッパ・歯ブラシ
  • 筆記用具
  • マスク
  • ネックピロー

スリッパ・歯ブラシ

快適に過ごすためにもスリッパに履き替えましょう。

夜のフライトが多いので歯ブラシも携帯しておくといいですね。

筆記用具

到着前に入国審査や税関の書類を書く必要があります。

CAさんに借りることもできますが、持っておく方が良いアイテム。

マスク

機内の空気は乾燥しています。

着いて早々風邪をひくなんてことにならないためにも、就寝時にはマスクを着用しましょう。

ネックピロー

ハワイ初日を楽しむには、機内で疲れを貯めずにぐっすり眠ることが大切!

ビジネスクラス以上であれば気にする必要はありませんが、エコノミーだと長時間のフライトは少しきついもの。

そこでネックピローが活躍。就寝時の首痛がかなり軽減されます。

↪️持ち物リストに戻る

アクティビティ

  • 水着・ラッシュガード・ビーチサンダル
  • マリンシューズ
  • スマホ用防水ポーチ

水着・ラッシュガード・ビーチサンダル

プールや海で遊ぶためのマストアイテム。

ラッシュガードは絶対に持っていくことをおすすめします。

日焼けで火傷のように水ぶくれができることも…

マリンシューズ

海で遊ぶ場合は怪我防止のためにマリンシューズがあると安心です。

サイズも16cmからで子供用もありますよ。

ビーチサンダル含め靴が多くなるのでシューズケースを利用しています。

少し高いですがTO&FROは超ストレッチ素材で防水・撥水のため、アクティビティ用の靴をまとめて入れるのが便利。

TO&FROのシューズケース
伸縮性抜群のシューズケース

スマホ用防水ポーチ

海やプールで遊ぶにも貴重品であるスマホは手放せません。

そんな時は少額の現金やスマホが入る防水ポーチがあると安心です。

しっかりした作りでリーズナブルな防水ポーチもあるので、荷物が心配で思いっきり遊べないなんてことにならないように用意しておきましょう。

↪️持ち物リストに戻る

あったら便利

必須ではないけれどあったら間違いなく便利な持ち物を紹介します。

私自身、どれも毎回ハワイには持っていくアイテムなので、ぜひチェックしてください。

  • SIM・ポケットWiFi
  • モバイルバッテリー
  • 延長コード
  • エコバッグ
  • 折り畳み傘

SIM・ポケットWiFi

ハワイでも日本と同じようにスマホを利用したいもの。

Googleマップは旅行先でもかなり便利ですし、SNSも利用したいですよね。

一番のおすすめは、自分のスマホをハワイで利用できるSIMカードの購入

SIMカードとかよくわからない…という方も安心してください。

そんな方には、ポケットWiFiレンタルで簡単にネット接続できるがおすすめです。

グローバルWiFiでは、1日970円でインターネットが利用できるようになります。

1,000円割引キャンペーンもあるのでお得ですよ!

モバイルバッテリー

ショッピングや観光で1日出かけることも多いハワイ旅行。

気がつけば携帯の充電がないなんてこともよくあります。

そんな時に充電できるようにモバイルバッテリーは携帯しておきたいところ。

Anker PowerCore Essential 20000ならiPhoneを4回充電することができます。

延長コード

寝ながらスマホを充電したいのにベッド近くにコンセントがない

意外と多いのがこのコンセント問題

デジカメやApple Watchなど他のデバイスがあれば、コンセントが足りないなんてことも。

そんな時のためにあると便利なのがこの延長コード。

2mの延長だけでなく、USBポートもあるため簡単にスマホの充電もできます。

エコバッグ・折り畳み傘

ハワイも買い物袋が有料化されています。

ふらっと買い物した時用にエコバッグがあるとGood。

そして、急に雨が降ることもあるので、折り畳み傘があると安心ですよ。

↪️持ち物リストに戻る

コンドミニアム滞在におすすめの持ち物

ヒルトンタイムシェアをはじめハワイにはたくさんのコンドミニアムがあります。

そんなコンドミニアム滞在を快適にするアイテムをご紹介します。

  • 自炊グッズ
    • 米、味噌汁、調味料、お茶、保冷バッグ
  • 洗濯グッズ
    • 物干しロープ

自炊グッズ

台所があるコンドミニアムでは炊飯じゃーや調理器具も備え付けられていることがほとんど。

そこで米やインスタント味噌汁、お茶のパックを持っていきましょう。

外食続きの胃袋には、おにぎりと味噌汁が最高。

ちょっとした自炊で食費も節約できるのでおすすめです。

そして活用したいのがコストコやホールフーズ、フードランドなどのスーパー

肉や野菜、冷凍食品などアメリカならではの食材がたくさん売っています。

冷蔵・冷凍食材の買い出しに必要な保冷バッグ、自炊で使いたい調味料は持っていきましょう。

特に塩・胡椒やマヨネーズといった調味料は、100均の商品がサイズも値段もベストです。

洗濯グッズ

コンドミニアムなら洗濯機があるので最低限の洋服があればOKなのが嬉しいところ、下着や水着も洗えます。

しかし、洗った後に困るのが干す場所がない・足りないということ。

そこで、干し場所が作れる物干しロープが便利です。

まさにコンドミニアム滞在ならではのおすすめアイテム。

↪️持ち物リストに戻る

子連れハワイ旅行におすすめの持ち物

家族旅行でハワイに行く方も多いでしょう。

我が家もハワイへは新婚旅行から2人で行き始め、今では子供含めて4人旅行となっています。

子供がいるからこそ必要な持ち物もたくさんあります。

持っていって便利だったアイテムを子連れハワイ旅行を予定されている方にご紹介したいと思います。

  • 機内グッズ
    • 塗り絵、フットレスト
  • プール・海グッズ
    • 浮き輪、ゴーグル、防水キャップ

機内グッズ

子供が小さいうちは長時間のフライトも大丈夫か心配ですよね。

そこで暇つぶし用のグッズを用意しておくことをおすすめします。

特におすすめなのがカラーワンダーシリーズのぬりえ

透明の専用ペンを使うので、手についても汚れません

まさに機内で遊ぶにはベストアイテム。

2つ目は機内の座席を広くできるフットレスト

足置きにもなるだけでなく、座席とフラットになるため子供が横に寝転ぶことができます。

機内を快適に過ごすアイテムとして購入をおすすめします。

プール・海グッズ

浮き輪やアームリングは必須アイテム。

つけていないと入れてもらえないことも多いのがハワイのプール。

アームリングだけでなく乗り物系の浮き輪があると子供は大喜びです。

プール遊びをする上であってよかったアイテムが防水キャップ

キャップがあれば頭皮の日焼け帽子だけでなく、熱中症も防ぐことができます。

気をつけていても子供は水分補給も忘れて夢中で遊んでしまいます。

防水キャップがあれば日差しが大幅に軽減されるのでかなり安心できます。

大人用も買っておけばよかったとなったアイテムです。

⬆️目次に戻る

まとめ

ハワイ旅行の持ち物リストとして、シーン別のおすすめアイテムをまとめました。

あったら便利な持ち物から、コンドミニアム滞在向け・子連れハワイ向けも紹介しました。

楽しいハワイ旅行で忘れ物をしないためにも、参考にしてもらえると嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

IT企業で働く旅行好きのエンジニア。共働きで絶賛子育て中。長期休みはマイルで飛行機を取り、お得に旅行を楽しんでいます。

夫婦でたくさん稼いでたくさん使うがモットー。家電やガジェット、サブスクなどQoLが上がるもの・生活が便利になるものは積極的に利用してます。
子育て家庭、共働き家庭におすすめできるものは、どんどん紹介していきます!

■SFC/JGC保有
■タイムシェア
■資産運用(日本株・米国株・CFD・FX)
■ポイ活・せどり

目次
閉じる