【高利回り】CFD投資とは?日経225・イギリス100運用の基礎知識

分散投資の一貫として2018年12月より、て株価指数CFD(日経225・イギリス100)への投資を開始しました。

⏬ 現在の運用実績はこちら ⏬

この記事では、CFD投資を始めるためにここだけは抑えておきたいポイントについてまとめました。

高利回りが実現できるCFD投資で配当所得を得たい、安定収入を得たいという方はぜひ参考にしてみてください。

\ 口座開設はこちらから /

目次

株価指数CFDとは?

CFDはContract For Differenceのことで、日本語では差金決済取引と言います。

簡単に言うとFXの何でも版で、金・原油など様々な金融資産に対してレバレッジをかけて投資することができる金融商品です。

その中でも株価指数CFDは、日経225やNYダウなどの株価指数を対象としたもので、他にはドイツDAX、イギリスFTSE100などが有名です。

すなわち、基本的な考え方や取引方法は株価指数CFDとFXではほぼ同じであり、株価指数CFDは日経225やNYダウなどの株価指数に対して、レバレッジをかけて運用する(証拠金取引を行う)ということ。

今回開始した株価指数CFD投資は、個別株でも運用を行なっている日経225で行うことにしました。

開始資金は40万円

特に理由はなく、余剰口座に入っていた金額でスタートです。

運用スタイルとしてはFXでも実績のあるトラリピ形式です。

「30万、50万、100万」と運用資金別のリスクをまとめた記事も合わせてご覧ください。

株価指数CFD取引の特徴

それでは日経225やイギリス100へレバレッジをかけて投資できる株価指数CFDの特徴について解説します。

インデックス投資によるリスク分散が可能

個別株の場合、業績悪化や不祥事などによる急落や倒産で資産価値が0になるといったリスクがありますが、日経225は225社の日本企業株の平均株価になるので、個別株と比べて安定しており、個別株で運用するよりもリスク分散ができます。

株式市場全体に投資をしているのと同じなので当然ですね。

配当金相当額を受け取ることができる

買いポジションを保有している場合、株の配当金に近い価格調整額を受け取ることができます。

ただしこの価格調整額、実際は金利と利回りの差額なので、マイナスになる場合もあるため注意が必要

米国S500」「米国30」などのドル建て商品を購入した場合、ドルの金利が上昇して配当額を上回ると価格調整額がマイナスとなってしまいます。

一方、「日経225」や「FTSE100」においては、日本やイギリスにおける金利が低いため、買いポジションの保有ではプラスに、売りポジションの保有ではマイナスになります。

利回り含めた価格調整額については次の記事でまとめています。

「日経225」「イギリス100」は利回りも高いので、配当狙いの投資もありですね。

24時間(ほぼ)取引することができる

日本の証券取引所が空いている時間だけでなく、ほぼ24時間取引することが可能です。

GMOクリック証券の場合、月曜〜金曜の8:30〜翌7:00(米国夏時間8:30〜翌6:00)まで取引できます。

レバレッジをかけることができる

FXと同様にレバレッジを掛けて運用することができます。

もちろんレバレッジの倍率を上げると、リスクが高くなるので注意が必要。

ただし日経平均を考慮しても、個別株と違い、1日や2日で価格が半分になることはまずないと思いますので、2倍程度ならそこまでリスクが生じることはないでしょう。

当然ながらレバッジを2倍にすれば、配当金相当額や売買の収益を2倍の資金効率で増やすことができます。

リスク管理を行うことで、効率良い資産運用を狙えるのがポイントですね。

【日経225でのCFDトラリピ運用】開始直後の成績

運用開始直後のクリスマス前に大暴落を経験しました…

それにより、開始直後に20,000円、19,500円、19,000円でポジションを保有することに。

トラリピでは値下がりによるポジション保有は将来の利益となるのですが、さすがに開始直後でこの急落は不安になりました。

ロスカットも頭をよぎりましたが、翌日の反発などを経て気がつけば14,000円の利益!!

株価指数CFDの日経225運用開始

やはり自動売買の安定感はすごい!
今後も運用成績を報告していきたいと思います!

目次に戻る

株価CFD取引の始め方 ~日経225・FTSE100(イギリス100)投資の方法~

日経225やFTSE100(イギリス100)といった株価指数CFDへの投資はで可能です。

他の証券会社もありますが、は取引コストが安く、国内シェアNo1という実績もあるので安心して利用できます。

またスマホアプリも使いやすいという点もポイントが高いですね。

GMOクリック証券は無料で口座開設できますので、CFD取引に興味があるという方はまずは口座の準備をしましょう!

\ GMOクリック証券でCFD投資を始める! /

GMOクリック証券での口座開設方法もまとめていますので、申し込み方法がよくわからないという方は参考にしてみてください。

おすすめ投資記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

IT企業で働く旅行好きのエンジニア。共働きで絶賛子育て中。長期休みはマイルで飛行機を取り、お得に旅行を楽しんでいます。

夫婦でたくさん稼いでたくさん使うがモットー。家電やガジェット、サブスクなどQoLが上がるもの・生活が便利になるものは積極的に利用してます。
子育て家庭、共働き家庭におすすめできるものは、どんどん紹介していきます!

■SFC/JGC保有
■タイムシェア
■資産運用(日本株・米国株・CFD・FX)
■ポイ活・せどり

【運用資産】1500万
日本株・米国株(積立NISA含む):1350万
CFD:110万
FX:40万

【年間配当金】
日本株・米国株:35万
CFD:5万

現在のポートフォリオはこちら
→ https://start30xx.com/portfolio-for-fire/

コメント

コメントする

目次
閉じる