GMOクリック証券の価格調整額とは?CFD投資で受け取ってみた

金・原油・株価指数など様々な商品にレバレッジをかけて投資できるCFD。

株価指数を対象としたCFDは、日経225・NYダウ・ドイツDAX・イギリスFTSE100などが有名です。

今回はそんな株価指数CFD投資で発生する価格調整額についてまとめます。

実際に、日経225を対象とした『日本225』イギリス株価指数を対象とした『FTSE100(イギリス100)』へ投資を行い、価格調整額を受け取ってみました。

本記事の内容
  • 価格調整額とは?配当との違いについて
  • いくら投資して、いくら受け取れるのか
  • 過去の価格調整額の実績・履歴
  • 価格調整額を受け取る方法
目次

価格調整額とは?配当とは何が違う?

まずは価格調整額について解説します。

GMOクリック証券の解説によりますと、

価格調整額は、CFDの原資産である先物の限月を乗り換えることによって、CFDの建玉に発生する評価損益を調整するためのものです。

GMOクリック証券

ちょっとわかりにくいですね。

CFDのロールオーバーの仕組み
参照:GMOクリック証券

GMOクリック証券の株価指数CFD(日本225、FTSE100)は先物を原資産としており、価格調整額は先物のロールオーバ(限月の乗換)による損益調整のために発生するものです。

CFDが参照している先物は、出来高が1番多い限月ですが先物には期日があり、期日以降は取引ができなくなってしまいます

一方、CFDは期日がないので、参照している先物が期日をむかえる前に、参照する先物を期近から期先へ変更する必要があります

これがいわゆるロールオーバー(限月の乗換)です。

しかし、先物の期近と期先は価格が異なっているのが通常で、CFDが参照する先物を期近から期先に変更するとCFDの価格も変わってしまうのです。

要するに、先物取引の性質上、原資産の価格違い等に起因して発生するものを調整するためのものが『価格調整額』となるため、日本225やFTSE100においては配当のように定期的に受け渡しが行われます。

なお現在、原資産の価格差はそのほとんどが配当要因であるため、配当と表すことがあります。

株価指数CFDにおける価格調整額ですが、「金利と利回りの差額」という面もあります。
米国S500や米国30など金利が高い銘柄の場合、金利が調整額を上回ることもあります。
その場合、価格調整額はマイナスとなるため注意が必要です。

日本225・FTSE100の価格調整額はどれぐらい?

実際に日本225やFTSE100へ1枚(1ポジション)投資した場合、年間で価格調整額をどれぐらい受け取れるのでしょうか。

直近3年分をまとめます。

日本225合計額
2018年4,750円
2019年5,020円
2020年5,300円
日本225の価格調整額
FTSE100合計額
2018年3,711円
2019年3,468円
2020年2,310円
FTSE100の価格調整額

日本225では1枚あたり年間5,000円ほどの配当、一方FTSE100では年間3,000円前後の配当となっています。

ちなみに、価格調整額が受け取れるタイミングは3月/6月/9月/12月と年に4回

この4回を足し合わせたものが年間の価格調整額の合計となります。

FTSE100より日本225の方が利回りが高い?

日本225とFTSE100の配当額を比較すると、日本225の方が多くもらえるように見えますがここは注意ポイント。

【2021年10月】時点で日本225の価格はおよそ3万円、FTSE100はおよそ7,000円と日本225の方が4倍以上価格が高くなっています。

ということは、投資に必要な金額も4倍以上必要ということですね。

同じ金額を投資した場合、日本225の配当が年間5,000円なのに対して、FTSE100の配当は12,000円(3,000×4)と何と2倍以上の利回りに!

今回の話から少しそれますが、私がFTSE100を中心に積み立て投資を行う理由です。

GMOクリック証券で価格調整額を受け取る方法

価格調整額を受け取るには、価格調整額の発生日までに株価指数CFD(日本225・FTSE100)を保有する必要があります。

より詳細なタイミングは次の通り。

当社が定める日の取引終了時点で建玉を保有していた場合、その分を価格調整額にて調整いたします。

GMOクリック証券

取引時間は翌7時までのため、価格調整額が発生する日の朝7時までに保有すれば、価格調整額を受け取ることができます。

価格調整額の発生日は、日本225が該当月の10日前後、FTSE100が15~20日あたりが多いので、3/6/9/12月の始め頃に保有すると、その月から配当がもらえるようになります。

3月/6月/9月/12月にある価格調整額発生日の朝7時までに保有すれば、価格調整額を受け取ることができる!

過去の価格調整額の確認方法

実際に投資をするには、今回まとめた直近3年以前の価格調整額がどれぐらいなのか気になりますよね。

これら過去の配当実績・履歴はの会員ページから確認することができます。

GMOクリック証券での価格調整額確認方法
価格調整額の確認方法
2021年のFTSE100の価格調整額
2021年の価格調整額(FTSE100)

投資するために必要な証拠金額も確認できますので、『CFD投資をやってみようかな』『ちょっと興味が出てきた』という方は、まずはで口座開設し、会員ページから直近・過去の配当データを確認してみましょう。

\ 5分でできる口座開設! /

まとめ:CFD投資で価格調整額(配当)を年4回受け取ろう

【CFD】日本225の配当
【CFD】FTSE100の配当

日本225やFTSE100の株価指数CFDは年に4回、価格調整額を受け取ることができます。

これまでの価格調整額の傾向からも、日本225・FTSE100ともにレバレッジ投資なだけあり、コロナショック時においても配当利回りが高く安定して運用を行うことが可能となっています。

価格調整額が発生するのは3ヶ月に1度。

いつ投資を初めても3ヶ月以内には価格調整額を受け取ることができます。

5万円といった少額からでも安全で高利回りな投資が可能なので、試しにFTSE100(イギリス100)を1枚購入してみるのはいかがでしょうか。

リスク管理の方法や必要な投資金額・年間100万配当をもらうために必要なコトをまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

\ 無料の口座開設はコチラ /

おすすめ記事

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

IT企業で働く旅行好きのエンジニア。共働きで絶賛子育て中。長期休みはマイルで飛行機を取り、お得に旅行を楽しんでいます。

夫婦でたくさん稼いでたくさん使うがモットー。家電やガジェット、サブスクなどQoLが上がるもの・生活が便利になるものは積極的に利用してます。
子育て家庭、共働き家庭におすすめできるものは、どんどん紹介していきます!

■SFC/JGC保有
■タイムシェア
■資産運用(日本株・米国株・CFD・FX)
■ポイ活・せどり

コメント

コメントする

目次
閉じる