スポンサーリンク

【ETF】日本株投資はNG!外国株・ETFへの長期投資で安心の老後資金作り【おすすめ】

外国株・ETFへの長期投資で安心の老後資金作り ETF/投資信託/株
スポンサーリンク

先日、老後資金の2000万円問題が話題となりましたが、老後資金に対する不安を多くの方が抱えているのではではないでしょうか。

ただでさえ給料は上がらない、消費税の増税、社会保険料の負担増などで手取り額は年々減っていくことが確実となっています。

この問題はほとんど全てのサラリーマンに当てはまるでしょう。

自分はこれからもっと年収が上がるから問題ない!と思っていては必ず後悔します。

たとえ年収1000万円あったとしても、累進課税制度による課税額の増加で、思っている以上に余裕のある生活を送ることはできないのです…

年収と手取り】給料があがらないなら投資・副業に取り組もう

 

サラリーマンをはじめとした多くの社会人が不安に感じる老後資金、本記事では、ごくごく普通のサラリーマンが「老後に必要なお金を蓄える」「裕福になる」ための方法をご紹介します。

 

本記事の内容
  • 日本株への長期投資はNG
  • 外国株、海外ETF投資のススメ
  • 長期投資による複利効果

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本株”のみ”への投資を辞めるべき理由

これまで投資本ではドル・コスト平均法により長期投資を行えば、「確実に資産が増える」ということが述べられています。

しかし、このドル・コスト平均法による日本株への長期投資では、運用利回りが低く資産が増えにくいことが明らかとなっています。

ドル・コスト平均法dollar cost averaging)とは、株式投資信託などの金融商品の投資手法の一つ。定額購入法ともいう。金融商品を購入する場合、一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する。例えば「予定資金を12分割して、月末ごとに資金の1/12を投入し、一年かけて全量を買う」という手法。

高値掴みのリスクを避けるための時間分散の一種であるが、数量を等分するのではなく、金額を等分する点が単なる分散と異なる。価格が高い時は購入数量が少なく、安い時には多いため、単純な数量分割に比べ平均値の点で有利になるとされる。価格が下がった場合のみならず、上がったときにも買う点で難平買いとは異なる。

ウィキペディアより

なぜならドル・コスト平均法では、株価によらず一定金額を買い増していくことにより、購入金額を平準化し、最終的には株価上昇とともに利益(配当利益・値上がり益)を得ることが前提だからです。

アベノミクスで上昇している日経平均ですが、バブル期の最高値である3万8,915円(1989年12月29日)を超えることができていません。

一方で、ダウ平均株価は2019年7月に最高値を更新しています。しかも9ヶ月ぶりということで、2018年も最高値を更新しているという状況。

ダウ平均株価はリーマンショックで下げている時期があるものの、長期的には株価は右肩上がりと成長し続けているのです。

これは、アメリカは先進国の中でも成長し続けているという証拠です。

 

これだけ見ても日本株への投資ではなく、海外(特にアメリカ)へ投資を行うべきだということがわかるでしょう。

私自身、FXやCFDといった投資を行っていながらも、株式投資はこれまで日本株のみで行ってきました。

 

 

そんな日本中心の株投資だった意識を変えてくれたのが、こちら「バカでも稼げる 「米国株」高配当投資」。

日本株ではなく米国株に長期投資を行い、配当を再投資することで”誰でも簡単に”(英語など必要なく)資産を増やすことが可能である、ということが、過去のデータを用いて論理的に詳しくまとめられています。

また、米国株投資を勧める理由だけでなく、コカコーラ・P&G・ベライゾンといったおすすめの高配当銘柄や、ポートフォリオを構成する上で気をつけること、など外国株投資を行う上で貴重な情報が詳細に説明されています。

本記事を読んでいただき、外国株投資に興味を持たれた方は是非一読することをおすすめします。

 

海外ETFや投資信託についても触れられていますが、基本は高配当株への投資が勧められています。

しかし、私は個別株ではなく、米国ETFおよび海外への投資信託へ投資を行うことにしました。

理由は単純なのですが、簡単にご説明します。

【海外】ETFおよび投資信託へ投資する理由

複数銘柄へ分散投資する前提の高配当株投資ですが、やはり10~15銘柄に分散投資を行ったとしても、倒産(ほとんどないと思いますが)や業績不振のリスクは0ではありません。

 

高利回りを追求しつつ、なるべくリスクを下げたい

 

これに尽きます。

FXやCFDではレバレッジをかけて運用を行っているので、個別株ではリスクを下げたい、ということです。

 

そのため、高配当個別株ではなくETFや投資信託を選択しました。

それぞれのETFや投資信託の特徴・利回りに関する情報は、また別の記事でまとめたいと思いますが、2019年7月から私が実際に投資し始めたETF・投資信託をご紹介します。

ブログやtwitter・証券会社のHP等から調べて、検討した上で決めた銘柄ですので、是非参考にしてみてください。

 

SBI証券[旧イー・トレード証券]

【ETF / 投資信託】私のポートフォリオ

ポートフォリオの内訳としては、以下の3種類に分かれています。

  1. 高配当ETF
  2. 米国市場全体を対象としたETF
  3. 無配当の投資信託

【高配当ETF】VYM

1つ目はバンガード社の米国高配当ETF。

配当は3月、6月、9月、12月の年4回で、配当利回りがおよそ3%、信託報酬が0.06%となっています。

【VYM】の特徴を一言で表すなら、米国の高配当銘柄(およそ400銘柄)に分散投資できる優れたETFです。

 

【高配当ETF】SPYD

こちらも米国高配当ETF。

配当は4半期ごとで、配当利回りがおよそ3.5%、信託報酬が0.07%です。

SPYDはS&P500の構成銘柄のうち、高配当80銘柄・不動産・公益事業を対象に投資しているETFになります。

不動産・公益事業が50%を占めることもあり、VYMとは構成が異なるため、ポートフォリオに組み込みました。

 

【ETF】VTI

3つ目もバンガード米国株ETF。

配当は3月、6月、9月、12月の年4回で、配当利回りがおよそ2%弱、信託報酬は0.03%です。

VYMが高配当株およそ400銘柄のみを対象としていたのに対し、VTIは米国市場の4000銘柄を投資対象としています。

 

【投資信託】ニッセイ外国株式インデックスファンド

配当金無しの投資信託。信託報酬はおよそ0.11%。

投資対象はアメリカ、イギリス、フランス、カナダ、ドイツ、スイス、オーストラリア、香港、オランダ、など先進国を対象としたインデックスファンドとなっています。

 

【投資信託】eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

こちらも配当金無しの投資信託。信託報酬はおよそ0.21%。

投資対象は中国、韓国、台湾、インド、ブラジル、南アフリカ、ロシア、メキシコ、タイ、など新興国を対象としたインデックスファンドです。

 

 

ポートフォリトとしては、高配当ETFであるVYM、SPYDを中心としつつも、紹介した5つのETF・投資信託に対して、NISA枠を利用して分散投資を行います。

そして複利効果を狙うため、配当は全て再投資していく予定。

今後配当金や積立状況など定期的に報告していきたいと思います。

 

これまで日本株のみに投資されていた方は、一度、米国株・ETFへの投資を検討してはいかがでしょうか。

成長市場である米国へ長期投資を行い、安全に資産を増やしていきましょう。

外国株・ETF・投資信託への投資は、手数料の値下げが行われたSBI証券がおすすめですので、まだ口座をお持ちでない方、まずは口座開設からどうぞ。

 

資産は株やETF、投資信託だけでなく、安定運用が可能なループイフダン(FX)もおすすめです。

 

 

 

 

 

 

コメント