スポンサーリンク

マイルを使って家族4人でハワイへ。ANA国際線特典航空券を取る方法を徹底解説

ANA
スポンサーリンク

マイルを貯めると利用できる特典航空券ですが、特典航空券用の座席数は路線毎・便毎に規定されているため、簡単には取ることができません。

特に「東京ーハワイ」路線は人気路線のため、家族複数人で予約するのは非常に困難

しかし、ANA特典航空券のルールを正しく理解することができれば、特典航空券予約の確率が一気にあがるのです。

本記事では、ハワイへの特典航空券(8月の夏休み2回、9月シルバーウィーク1回)を3年連続予約している私が、ANA国際線特典航空券を取る方法をまとめます。

直行便以外[福岡ー東京(羽田・成田)ーホノルル]など、国内線乗り継ぎ時の注意点もまとめています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ANA 国際線特典航空券を予約するためのポイント

いきなりですが、国際線特典航空券を予約するための方法をまとめます。

ポイントはこの2点です。1名や2名(運がよければ)であれば予約できる可能性は十分ありますが、4名のハワイ路線となると、残念ながら予約開始と同時に予約をしないと厳しい状況です。

  1. 往路の予約開始日(往路予定日の355日前)に往路・復路まとめて予約
  2. 復路の予約開始日(復路予定日の355日前)に復路を変更

ハワイ路線は2019年5月よりA380の大型機が投入されることもあり、特典航空券用の座席数が増える可能性はありますが、基本は355日前!と覚えておくのがよいでしょう。

国際線特典航空券の発券ルール 

まずは予約をする上での基本事項から。

予約開始日

予約は355日前(ご出発日含まず)午前9時(日本時間)から第一区間出発の96時間前まで。

ただし往復同時予約が必要で、片道のみの予約はできません。そして、予約と同時に発券(旅程全区間の予約が取れ次第)となります。

予約方法はANA HPからのWEB予約または電話予約になります。ただし、電話予約の場合は発券手数料が1人あたり5,400円かかりますのでインターネット予約の方がよいでしょう。

特典航空券の予約に慣れていない等、不安がある場合は電話予約の方が安心かもしれません。

また、2歳未満の座席を確保しない幼児を含む場合は、大人の予約をした後に電話窓口に電話することで、予約している大人の座席に紐づけてもらえますので、まずはWEBから予約することをお勧めします。

予約の変更

予約済の便の出発前かつご搭乗希望便出発の24時間前まで変更が可能。

日時変更は何度でも可能ですが、注意点があります。

  • 電話予約、複数都市に滞在する旅程、2歳未満の幼児を含む予約の場合などは電話でのみ変更可能
  • ルート変更ができない(羽田 -> 成田、伊丹 -> 関空などは同一空港扱いなので可能)
  • 搭乗者の変更はできない
  • 座席クラスの変更はできない(エコノミーからビジネスへの変更)

他条件や詳細はこちらのANAの公式HPにありますので一度ご確認ください。

有効期限とキャンセル 

発券日から1年以内に旅行を開始(往路便/第1区間を使用)することが必要です。また、旅行開始日から1年間以内に復路便/最終区間のご利用が必要です。

特典航空券の有効期間内に利用できない期間が含まれている場合でも、有効期間は延長できないので注意が必要です。

基本的には355日前に予約をした場合、早めることはできますが、遅らせることができるのは数日のみとなります。

キャンセルは全区間未使用の場合可能です。ただし、払い戻し手数料として1名につき3000マイルが引かれて戻されます。

国際線特典航空券の予約方法

それでは実際に予約の流れを解説していきます。

希望出発日から往路予約開始日を調べる

例えば希望出発日が

2020年8月25日

だとします。

そうしますと、“出発日を含めない”355日前は2020年9月5日となりますので、9月5日AM9時から予約ができるようになります。

重要な何日前など日程の調べ方は日付計算サイトを利用するのがよいでしょう。

予約を進める

数日前など予同一経路でシミュレーションをしておくことをお勧めします!間違ってシミュレーションで予約してしまわないように注意しましょう。

WEB予約の場合、10分前の8時50分には日程や航路・人数などを入力し、以下の画面でスタンバイしましょう。

事前にシミュレーションしておくと、経路は検索履歴から選べるので便利ですね。

日程などはダミーで入力しています。出発・到着・日程・クラス・人数など入力しておき、「検索する」のボタンを9時少し前にクリックします。早すぎるとNGですが、2,3秒早く行っても問題なく予約に進めました。

この少し前にやることで、予約しようとしている他の人達より早く次の作業ができるため、予約できる確率が上がります。

電話予約の場合

電話予約の場合、9時ちょっと前に電話をかけていてはほぼつながりません

20分前など余裕を持って電話をかけてオペレーターの方とつながっている必要があります。

予約開始の9時までは何かしら話をして電話をつなげていないといけないので、ちょっとした気になることなどを質問して会話しましょう。

9時少し前になったところで、特典航空券の予約をしたい旨をお伝えしたらよいと思います。

ただし、オペレーターの方が必ず予約できるわけではないので注意が必要です。

とにかく往路を予約、復路は空席待ちに

検索を押すと次の画面のように、候補となるリストが表示されます。

ここでは往路をとにかくおさえることが重要なので、往路で空いているところを選択し予約します。

復路に関してはおそらく空席待ちになっているはずですが、必ず「空席待ち」になっているかを確認し選択するようにしましょう。

もし往路・復路とも予約が完了してしまうと、発券されマイルが引かれてしまうため注意です。

この状態で「次へ」を押し、予約を進めます。

搭乗者の情報やクレジットカード情報などを記入するのですが、この辺りは事前に登録できる情報になりますので、必ず事前に入力しておきましょう

復路の予約変更

今のままではホノルル滞在が数時間になってしまいますため、希望復路の日程に変更する必要があります。

希望復路が、

2020年8月29日(ホノルル発)

4泊6日の旅程だとしますと、復路の予約開始日は“出発日を含めない”355日前は2020年9月9日となります。

往路と同様に、9月9日AM9時から復路の予約ができるようになります。

すなわち、現在2020年9月25日(往路と同一日)で予約している復路予約を希望の日程に変更することができるのです。

国際線特典航空券の予約情報から「予約変更」に進み、往路と同様に日程を入力して9時少し前に検索を行います。

ここで予約の変更が可能となれば、晴れて国際線特典航空券の予約が完了します。

復路を空席待ちにしていた場合は、この時点でようやく航空券が発券されるためマイルの減算および各種税金の支払いなどが行われます。

乗り継ぎがある場合の特典航空券予約について

結論から言いまして、乗り継ぎがある場合の特典航空券予約はオススメできません

これは直行便でない場合、国内線での乗り継ぎが経路に追加されることにより大きな影響が出てくるからです。

往路予約時に往路・復路とも同一日で予約をしましたが、ここに復路の国内線が追加になると、時差の関係で復路の国内線出発日は現地出発日の翌日となってしまいます。

そのため355日前ではない旅程が含まれてしまうため予約ができないのです。

全日程で予約をするには国内線の日程を含めて355日前にする必要があるため、もう1日後に予約をしないといけなくなります。

1人分などであれば可能かもしれませんが、予約開始の9時ちょうどを狙って予約するような状況ですので、基本的にはほぼ不可能です。

そのため、国際線の特典航空券は直行日で予約を行い、費用が余分に発生してしまうのですが、国内線は次のようにするのがよいかもしれません。

国内線乗り継ぎを含む場合
  • 現金で購入
  • マイルをスカイコインに変えて、スカイコインで購入
  • 国内線の特典航空券を使う

往路のみ国内線利用(復路は直行便空港止め)はどうか?

この方法、実際に行いましたが、確実に特典航空券を予約したい場合はあまりオススメできません

理由は、予約時に「検索する」から進めていくことになるのですが、国内線の旅程も同時に検索されるため、次の問題があります。

  • 検索結果が出てくるのに時間がかかる
  • 国内線含む旅程リストがかなり多くなり確認して選択するのに時間がかかる

とにかく時間がかかってしまうのです。

直行便での検索に比較して5秒~10秒などの遅延があるため、本来予約したい「羽田ーホノルル」が「空席待ち」になってしまうのです。

私自身は日程を調整することでなんとか予約することはできましたが、次回からは直行便のみで予約、または連休を外すなど予約しやすい方法で対応しようと思います。

まとめ:特典航空券を予約するためのポイント

実は2019年にA380が就航してからは、特典航空券の座席数が増えたようで以前よりだいぶ予約が行いやすくなりました。

ただ、お盆や連休は相変わらず一瞬で予約が埋まってしまうので、確実に国際線特典航空券を予約するためには、旅行の日程に余裕を持たせることが大事

事前にシミュレーションしていても操作ミスやネットワークエラーなどで予約ができない、他の人に先を越されてしまう、ということは十分にありえます。

この日程しか無理というのではなく、往路・復路ともに1日や2日ずらせるようなスケジュールで予定を組むことで確実に特典航空券を押さえられるようにしましょう。

この記事をきっかけに、貯めたマイルを有効に利用していただけたら幸いです。
 
 
国内線特典航空券の取り方、ANAカードの最高峰「ANA VISAプラチナSFCプレミアムカード」についてもまとめていますので合わせてご覧ください。
ANA
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Doroをフォローする
30代から始める〇〇

コメント