スポンサーリンク

【レコーダー】HDD容量は1TBで十分 | 足りない時は外付けHDDで拡張【コスパ抜群】

家電
スポンサーリンク

リアルタイムでテレビを見る機会は少なくなっているけれど、ブルーレイレコーダーに録画して楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。

便利なブルーレイレコーダー、どのぐらいHDD容量が必要か悩みますよね。

 

買ってから容量が足りなくなると困る。

だけど容量が大きいとレコーダーの値段も高くなってしまう。

HDD容量が大きくなれば、値段は高くなるもの。容量と値段は比例します。

しかし、悩む必要はありません。

結論から述べますと、1TBのブルーレイレコーダーを購入すれば大丈夫です。

理由を簡単に説明します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブルーレイレコーダーの容量が1TBで十分な理由

理由はブルーレイレコーダーに外付けHDDを接続することで、安く・簡単に容量を拡張することができるから。

ちなみに1TBで録画できる時間は次の通り。

 

  • 地デジ・・・およそ120時間
  • BS/CS・・・およそ90時間

地デジとBS/CSで少し異なりますが、地デジ番組の録画をメインで考えると、1TBの容量でおよそ120時間分録画が可能です。

撮り溜めた番組が増え、容量が足りなくなった際には外付けHDDを購入しましょう。

 

 

我が家もブルーレイレコーダー購入から1年後、容量不足に陥りました。

ドラマや子供のアニメ、映画、気になるバラエティ番組等を録り溜めるうちにいつしか容量がパンパンに…

ブルーレイレコーダーの容量不足

 

そこで購入したのがアイ・オー・データ製品【IODATA】 HDCZ-UT3KC USB3.0対応 外付ハードディスク 3TB

外付けHDD「HDCZ-UT3KC」

数年前のHDDと比較してかなり薄いデザイン。

外付けHDD「HDCZ-UT3KC」背面

背面も電源とUSBポートのみですっきり。

 

容量3TBでお値段が約1万円というコスパ抜群の製品。

シリーズとして容量は1TB/2TB/3TB/4TB/6TBの5種類があります。

1TB~3TBは値段がそこまで変わらないので、3TB以上がおすすめ。

HDCZ-UT3KCの特徴
  • 縦置き・横置き両対応でコンパクト設計
  • 静音ハードディスクで音が気にならない
  • 主要メーカーのテレビ・ブルーレイレコーダーに対応(21メーカー700機種以上)

 

容量が異なる同機種のブルーレイレコーダーで比較すると、1TBと2TBで1万円ほど価格差があります。

1万円高いのにも関わらず、HDD容量は1TBしか増えません。

ブルーレイレコーダーで容量を増やすのはかなり損するのがわかります。

HDDレコーダーの容量は1TBを購入し、必要に応じて外付けHDDで増設するのがコスパ最強です。

 

HDCZ-UT3KCは対応応機種が多いですが、購入前にお持ちのテレビへ対応しているか確認しましょう。

まとめ:ブルーレイレコーダーの容量は1TBでOK

本記事は「【レコーダー】HDD容量は1TBで十分 | 足りない時は外付けHDDで拡張【コスパ抜群】」について書きました。

ブルーレイレコーダーは、パナソニックや東芝・ソニー・シャープなど多くのメーカーが販売しています。

メーカーや機種によって、それぞれ機能や使い勝手が異なるので、メーカーと機種を選ぶだけでも悩みます。

だからこそ、HDD容量は不足した時に外付けHDDで増設すると割り切って、1TBのものを購入しましょう。

今後もHDDはどんどん値段が下がると思われるので、外付けHDDの増設で対応する方がお得間違い無し。

 

ぜひ楽しいテレビライフを満喫してください。

 

テレビ番組もいいですが、動画配信サイトでの海外ドラマもおすすめです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

家電
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Doroをフォローする
30代から始める〇〇

コメント