ウイルスバスターの更新はがきが来たらどうすればいい?注意点とお得な方法

セキュリティソフトのウイルスバスター。

利用していたら突然自宅に更新はがきが届いて、早く更新しないといけない!?と焦っている人もいるのではないでしょうか。

そんなウイルスバスターの更新はがきが来た場合の対応方法について解説します!

安くお得に更新する方法面倒な手続きをせずに簡単に更新する方法などお好みに応じて選んでもらえるよう徹底解説します。

先に結論をまとめますと、

【お得に更新したい人】
  👉新規購入がおすすめ
【手間をかけず簡単に更新したい人】
  👉はがきから更新手続きがおすすめ

それでは理由を解説していきます。

目次

ウイルスバスターの更新はがきの内容

ウイルスバスターの更新はがき
更新はがきの内容

ウイルスバスターは契約期間の終了前になるとこのような更新はがきが届きます。

ウイルスバスターの更新はがきの内容
  • 最大5ヶ月分無料延長
  • 契約更新料5%OFFのキャンペーン価格
  • コンビニ払込票が同封

コンビニの払込票が入っている!
早く支払わないと!

いきなり届くので焦ってしまう人も多いです。

このはがきはあくまでもウイルスバスターの更新をオススメするはがきで、要はこれからもウイルスバスターを使ってね!というお知らせ。

期限内に支払うことで無料期間がついていたり、割引価格になったりとお得なように見えますが、焦らずに更新方法をしっかりと把握してから更新すれば大丈夫です。

はがきに記載の通り、自宅に届く更新はがきから期限内に更新手続きをすると、5ヶ月分の無料延長+キャンペーン価格でウイルスバスターの更新ができます。

ただし、更新方法は「はがき」からだけではありません。

他の方法やお得なおすすめ方法を紹介します。

ウイルスバスターの更新方法は「はがき」だけじゃない

ウイルスバスターを更新する方法は主に次の3つ。

ウイルスバスターの更新方法
  1. 更新はがき
  2. 新規購入
  3. あんしん自動更新

❶更新はがきで更新

今回お手元に届いた更新はがきに同封されている払込票で、コンビニ支払いする方法。

この方法のメリットは、更新手続きの手間がコンビニで支払いをするだけで非常に手軽である点です。

一方、最大のデメリットは価格が高いこと。

無料期間がついていたり、キャンペーンでの割引価格が表示されていますが、実は『はがき』に記載のこの価格、❷で紹介する新規購入より高いんです。

そしてもう1つのデメリットは、コンビニでの支払いが現金のみということ。

クレジットカードやキャッシュレス決済が使えません。

メリット
デメリット
  • 手続きが簡単
  • 価格が高い
  • 支払いが現金のみ

❷新規購入で更新

新規購入はウイルスバスターを新しく購入し、新しいシリアル番号を入力することで更新する方法です。

お得に更新したい人におすすめの更新方法。

メリットは何よりも一番安く購入できるという点

新規購入はトレンドマイクロやAmazon・楽天・Yahooショッピングのネットショップで購入できます。

Win/Mac/iOS/Android対応 同時購入版 単品可
¥12,600 (2021/10/13 00:18時点 | Amazon調べ)

楽天やYahooショッピングでは、スーパーセールや買い周り・5と0のつく日などポイントが大量に付与されるイベントが定期的に開催されています。

そのタイミングで購入すると、ポイントだけで10倍~20倍がバックされるためかなりお得に購入できることに。

販売価格は同程度、そこからポイントがもらえるということで一番お得な方法です。

ウイルスバスターは楽天がお得
クーポン適用で楽天が最安値でした

先日購入した際は、お買い物マラソンのクーポンも利用でき1万円ちょっとで購入できました。

ポイントも20倍ついたので、実質8,000円とかなりお得でした!

ただし、注意点が1つ。

購入後、すぐにシリアルナンバーを入力すると、残りの契約期間が終了となり新しい契約期間が開始されてしまいます。

例えば、今利用しているウイルスバスターの有効期限が残り30日あったとしても、手続きしてしまうと30日分が無駄になってしまうことに。

そのため、有効期限が切れる当日や前日に手続きをするのがおすすめです。

メリット
デメリット
  • 一番安く更新できる
  • 購入後にシリアルナンバーを入力するなど作業が必要
  • 残りの有効期限を無駄にしてしまうこともある

❸あんしん自動更新で更新

ウイルスバスターの自動更新
あんしん自動更新の仕組み

更新方法として最後に紹介するのが、『あんしん自動更新』による更新方法。

あんしん自動更新の設定をしておくと、期限が切れる前に自動でウイルスバスターの更新が行われます

事前にクレジットカードの登録が必要ではありますが、一度設定するとそれ以降は手続きが不要なのでウイルスバスターの期限を気にする必要もありません。

デメリットを挙げるならば、1年更新ということもあって割高であること。

多少高くても手間をかけたくない人向けの更新方法です。

メリット
デメリット
  • 一度登録すれば後は手続き不要
  • 1年更新なので割高

おすすめの更新方法は新規購入による更新

3つのウイルスバスター更新方法とそれぞれのメリット・デメリットを紹介してきました。

『手間をかけたくない』『なるべく安くしたい』など人によっておすすめの更新方法は異なるでしょう。

ただ、最も多くの人におすすめできるのは、クレジットカード決済ができて、お得に安く更新できる『新規購入で更新』

シリアルナンバー入力による有効化してから有効期限が開始されるので、事前に購入しておいても全く問題はありません。

セールなど安く購入できるタイミングに合わせて購入するのがベストでしょう!

そして、『多少高くても更新作業をやりたくない』という方にはあんしん自動更新がおすすめです。

公式HPから購入して、あんしん自動更新の登録を行いましょう。

まとめ:ウイルスバスターの更新はがきが届いたら焦らず更新方法をチェック

ウイルスバスターの更新方法を紹介しました。

更新はがきには有効期限やキャンペーン情報が載っていて、一見お得に見えるかもしれません。

しかし、本当にお得な方法は新規購入による更新です。

自分にはどの更新方法が合っているかを、焦らず落ち着いて確認してから更新の手続きを行いましょう。

また期限が切れるタイミングで、などのリーズナブルなセキュリティソフトに変更するのも1つの方法でしょう。

ぜひ、あなたに合った更新方法やセキュリティソフトを選んで更新手続きを行いましょう。

Win/Mac/iOS/Android対応 同時購入版 単品可
¥12,600 (2021/10/13 00:18時点 | Amazon調べ)

おすすめ記事

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

IT企業で働く旅行好きのエンジニア。共働きで絶賛子育て中。長期休みはマイルで飛行機を取り、お得に旅行を楽しんでいます。

夫婦でたくさん稼いでたくさん使うがモットー。家電やガジェット、サブスクなどQoLが上がるもの・生活が便利になるものは積極的に利用してます。
子育て家庭、共働き家庭におすすめできるものは、どんどん紹介していきます!

■SFC/JGC保有
■タイムシェア
■資産運用(日本株・米国株・CFD・FX)
■ポイ活・せどり

目次
閉じる