スポンサーリンク

ハワイ旅行にドルはいくら必要?気になるお金事情やおすすめ両替場所を解説

ハワイ
スポンサーリンク

ハワイをはじめ海外旅行で避けて通ることができないお金の問題。

アメリカはカード社会とはいえ、日本には馴染みのないチップ文化もあるため、ドルを利用しないのは不可能です。

  • いくらぐらいドルに両替して持っていったらいいの?
  • ハワイで現金が必要な場合ってどんな時?
  • 旅行中に現金がなくなったらどうしたらいい?
  • 少しでもお得なレートで両替したい

現金が足りなくなるのは困る。

だけどたくさん持って行くのも不安。

こんな疑問にお答えします。

 

本記事を読むべき人
  • ハワイ旅行(アメリカ旅行)を予定している
  • お得に両替したい
  • 海外旅行でのお金事情を知りたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク

両替は現地到着後でも大丈夫

結論から言ってしまうと、現地についてから両替をしても全く問題ありません。

空港からホテルへの移動もタクシーやシャトルバスなど事前に予約ができ、チップ含めクレジットカードでの支払いが可能です。

そうは言っても何かと不安になる海外。

ちょっとした買い物ができるぐらいの現金は両替して持参しておくと、何かあった時に安心できるのでおすすめです。とりあえずは$50あれば十分でしょう。

私の場合、海外旅行で余る現地のお金は日本円には両替せず、次回旅行の際にそのお金を持っていくようにしています。

出発前の両替は空港で

日本で両替ができる場所は、

  • 銀行
  • 空港の両替所

の主に2箇所です。

銀行は比較的手数料が高いので、空港の両替所で行うのがおすすめです。

ワイキキでおすすめの両替場所

現地についてから両替できる場所は、

  • ダニエル・K・イノウエ国際空港の両替カウンター
  • 銀行
  • ホテルフロント
  • ワイキキ市内の両替所

の4箇所です。

空港やホテル、銀行はレートも悪く手数料が高額のため急な場合を除いてやめておきましょう。

現地で両替をする場合、おすすめなのがワイキキ市内の両替所。

特に免税店でおなじみのTギャラリア ハワイ by DFS 1Fにある両替所は政府公認で手数料も安いのでおすすめです

T GALLERIA HAWAII by DFS(Tギャラリア ハワイ by DFS)
住所:330 Royal Hawaiian Ave.
TEL:808-931-2700
営業時間:11:00~22:30 年中無休
両替時に身分証明書の提示を求められることがありますので、パスポートは忘れないように!

旅行中に持ち歩く現金は最低限に

現金の持ち歩きは最低限にしましょう。

ハワイは比較的安全と言われますが、日本以上に安全な場所はありません。

盗難などトラブル防止のためにも現金は必要最低限にするべきです。

支払いはクレジットカード利用を中心に

現金を少なくする方法、それは支払いをクレジットカード払い中心にすることです。

ハワイ(アメリカ)ではほとんどの店舗でクレジットカードの利用ができます。

クレジットカード払いにすると、必然的に「カードが利用できない分プラスα」のみ現金を用意すればいいので、お金の準備や管理がシンプルになりますよね。

そのためカード払いを前提とすれば、現金しか使えない場所やお店を押さえておけば、余分に両替をしなくても大丈夫なのです!

クレジットカードは使いすぎてしまう、海外だと安全面が不安、などの理由からなるべく現金を利用したいという方も多いでしょう。

しかし、万一クレジットカードが盗難されても電話一本で止めることができます。

もし不正利用された場合でも、クレジットカード会社が保証してくれるので、トラブル防止にはクレジットカード利用がベストなのです。

カード利用で貯まったポイントでマイルや商品券などに交換もできるので、クレジットカード利用は一石二鳥ですね。 

 

利用しなくともハワイ旅行にクレジットカードは必須

クレジットカードを利用するかどうかに関わらずクレジットカードは絶対に持っていくべきです!

理由に関しては別記事でまとめていますので、詳しくは「ハワイで得するクレジットカード。JCBとVISAは必ず持って行こう」をご覧ください。

また、ホテルチェックイン時にデポジットの支払いがありますので、少なくとも1枚は用意しておきましょう。

デポジットを現金で支払うことも可能ですが、宿泊費1泊分の現金が必要になったりするのでおすすめできません。

▼ハワイでお得なJCB、VISAの作成はこちらから▼

三井住友VISAカード

 

1週間以上のハワイ滞在で必要だったドルの金額

私が2018年のハワイ旅行で日本から持って行ったドルは$100です。

ちなみに滞在期間は比較的長い9泊11日、子供含めて4人での家族旅行でした。

もちろん$100だけでなく日本円も持っていきました。

ちなみに持って行った日本円は¥40,000

当時のレートが1ドル115円ほどでしたので、家族4人・9泊11日の旅行で必要だった現金は¥50,000でした

1週間以上滞在して現金5万円で大丈夫なの?と思われるでしょう。

ここでハワイで現金が必要となるサービスやお店をまとめてみましょう。

現金が必要なサービスやお店

チップ

現金支払いの代表的なものがチップです。

食事など支払いをカードでできる場合は、一緒にカードで支払えるので現金は必要ありませんが、ホテルのベッドメイク、チェックイン後に部屋まで荷物を運んでくれるポーター、バレーパーキングなどは現金が必要となります。

それぞれ$1や$2ですが、長期滞在では数十ドルと比較的まとまった金額が必要になりますね。

ダイビングなどのアクティビティ

HISなど旅行代理店で申し込む場合にはクレジットカードが利用できますが、個人で実施されているツアーなどHPで直接申し込む場合は、利用するツアーによっては現金のみのところも結構あります。

後から現金しかダメだった、なんてことにならないように事前に支払い方法を確認しておきましょう。

ファーマーズマーケット

ハワイ滞在中に一度は行ってみたいファーマーズマーケット。

こちらも現金のみのところがほとんどです。

4人家族の我が家は朝ごはんやスイーツをしっかり食べて$50ほど利用しました。

大人であれば一人$20~30は必要になるでしょう。

全てが美味しいので買いすぎてしまうことも想定して、多めに用意しておくと安心ですね。

ブーツアンドキモズ

ガイドブックに必ず載っている大人気パンケーキ屋さん。

ワイキキからは少し遠いですが、ハワイでは必ず行く!という方も多いのではないでしょうか。

旅行会社のツアー利用であればカード払いができますが、直接お店に行く場合は現金のみなので注意が必要です。

なお、ツアーだと定番のパンケーキなど頼めるものが決まっているので、レンタカーを借りて行くのがおすすめです!

ブーツアンドキモズはパンケーキだけでなく、オムレツなどご飯系も絶品!!

無駄な現金を持ち歩かないためにも、行きたいお店など事前に決めているところは、支払い方法をしっかり確認しよう。

現金が足りなくなった時はキャッシング

クレジットカードを持っていくべき理由の1つがキャッシング

キャッシングの利用と聞くと高い金利がかかりソンなのでは?と感じるでしょう。

実は、両替をするよりもお得な方が多かったりします。

例えば1ドル100円、年率18%で10万円をキャッシングして15日後に返済した場合を考えてみましょう。

必要なコストは次の金利とATM手数料の2点。

  • 金利:10万円✖️0.18➗365日✖️15日=739円
  • ATM手数料:216円

合計1,000円以下で10万円分(1000ドル)を引き出すことができます。

特に1万円以下であればATM手数料も108円と半額になるので(VISAの場合)、両替時の手数料や為替レートの違いなどを考慮すると、キャッシングの方がお得でしょう。

それでは、キャッシングの方法を解説します。

ATMを探す

ATMは街中にたくさんあると思います。VISAやJCBなど持っているクレジットカードに対応しているATMを探しましょう。

ホテルやショッピングモールなど人が多いところ(安全なATM)を選びましょう。

カードを入れる

「Insert your card」と表示されるので、カードを挿入します。

暗証番号を入力

「Enter Pin Number」や「Enter Your Secret Code」などと表示されたら、暗唱番号を入力しEnterを押す。

キャッシングを選択

「CASH ADVANCE」などと表示されています。

取引内容を確認

「CREDIT CARD」や「CREDIT CARD WITHDRAWAL」、「CREDIT ACCOUNT」を選択。

希望金額を入力

引き出したい希望の金額を入力しEnterを押します。

現金を受け取る

「Please Take Your Cash」などと表示され、現金がでてきます。

レシートを受け取る

レシートは必ず持って帰り、保管しておきましょう。

取引を続けるか選択

ATMによっては「Do You Want Another Transaction?」や「Woud You Like Another Transaction?」と次の取引をするか聞いてくる場合があります。

必要なければ「No」を選択して終了します。

 

クレジットカード利用を前提にすると、現金が必要な場面はほとんどなくなります。

お得な両替場所を把握しつつキャッシングも利用できれば、お金の心配はなくなりますね!

現金派の方にはハードルが高いところもありますが、これを機会にキャッシュレスにしてはいかがでしょうか。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。 

ハワイのお得情報もまとめていますのでよろしければご覧ください。

▼おすすめハワイ本▼

三井住友VISAカード

ハワイ旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Doroをフォローする
30代から始める〇〇

コメント