スポンサーリンク

メルペイがiOSに続きAndroidへ対応 | メルカリでの売上がコンビニで利用可能に

お金
スポンサーリンク

iOSで先行してサービス開始されていたスマホ決済の「メルペイ」がAndroidでも利用できるようになりました。

スマホ決済においてさらに”ペイ”が乱立することになりますが、メルカリでの売り上げやポイントが利用しやすくなります。

「メルペイ」とは、株式会社メルペイが提供する、メルカリアプリを使った決済サービスです。

売上でポイントを購入して、そのポイントでメルカリ内のお買い物や、コンビニなどのメルペイ加盟店でのお支払いにご利用いただけます。

また、メルペイにお支払い用銀行口座を登録すると、メルカリでの売上金をそのままお支払いにご利用いただけるようになります。(都度ポイントを購入する必要がなくなります)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メルカリの売上金をスマホ決済に利用

メルペイはサービス提供の第1弾として、三井住友カードとの連携により、非接触決済サービス「iD」に対応しています。

これにより、コンビニやレストラン・ファーストフード店など全国約90万箇所のiD加盟店において、メルカリの売上金を支払いに利用できます。

スマホ決済によるメリット

これまでメルカリでの売上金の使い道としては、 

  • 登録した銀行口座へ入金
  • メルカリで購入時に利用

の2点のみでした。

そして銀行口座への入金は、売上金が1万円未満の場合、振込手数料が210円必要でした。

しかも、売れてから半年を経過すると自動的に登録口座へ振り込まれるという仕様のため、1万円に満たない場合は特に必要ないものを購入するか、手数料を支払って引き出す、しかありませんでした。

これがメルペイの利用により、1万円未満の売り上げ金においてもコンビニなどiDに加入している実店舗で利用することができるようになります。

もう6ヶ月という振込期限を気にする必要はなくなるのです。

さらに、期間限定で付与されるポイントに関しても、iDで利用できるようになるので消滅してしまっていたポイントも有効利用できるようになります。

他の使い道は?スイカへのチャージも可能

iPhoneを利用している場合、スイカでの利用も可能になります。

登録の手順としては、Apple Payに「メルペイ」を登録した状態で、モバイルSuicaアプリを開きます。

Suica一覧の「入金(チャージ)」から「ApplePay」のロゴを選択し、チャージするカードにて「メルペイ電子マネー」を選択するだけです。

非常に簡単ですね!

メルカリのスマホ決済「メルペイ」まとめ

メルカリで売った商品の売上金やポイントを使ってスマホ決済ができるメルペイ。

iDやSuicaでの利用ができるため、対応店舗や利用シーンが多く、売上金が利用しやすくなるのではないでしょうか。

PayPayやLine Payなど様々なスマホ決済サービスが出てきていますが、メルカリで売ったお金が使えるメルペイは是非利用したいサービスの1つですね。

これを機会に家に転がっている不用品を改めて出品してみてはいかがでしょうか。

コメント