スポンサーリンク

【2019年3月4週の運用結果】ドル円下落シグナル点灯 | 豪ドル円もレンジ下限へ

2019年3月4週の運用成績 運用成績
スポンサーリンク

2019年3月18日〜3月23日の資産運用結果をまとめます。

目標の年利15%達成なるか!?

今週の利益は、

合計-1,650でした…..

3月合計利益は2,732です。

◆内訳

  • FX:無し
  • CFD:-1,650円
    通貨ペア リピート回数 利益
    AUD/JPY
    ZAR/JPY
    CFD(日経225) 1回 -1,650円
    AUD/NZD
    合計 1回 -1,650円

◆今週のスワップポイント(未決済スワップ損益の増加分):+5,087円

先週の見通しでもまとめていたように、ドル円が111円のサポートラインを終値で割りました。

ドル円は全体的にわかりにくいチャートになっています。ただし、111円あたりがサポートラインとなっているので、円高方向はその辺りで止められそうです。もし111円を終値で割れた場合は110円を下回る動きは警戒したいところです。円安方向は引き続き112円が簡単には超えられないような状況です。

そこから一気に110円を下回り、金曜日の終値は109円台。最近は少しわかりにくい動きをしていましたが、結果としてはチャート分析通りの結果となりました。気持ち程度ですがショートを仕掛けたので、109円ちょうどあたりで利確したいですね。

それにしても、2月頃からレンジ相場がかなり長い期間継続しています。

豪ドル円も再度レンジの下限に到達し、レンジを割るかどうかの攻防に入りました。

継続して記載していますが、ここを下回ると円高がかなり進行しますので、リスク管理含めて要注意です。

今月配当狙いで購入した日経225CFDですが、ある程度含み損が解消されたのと、下落する可能性が高くなってきたことから一部損切り。

配当を含めてもマイナスになってしまいましたが、マイナス分は今後のリピートで取り返したいですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

来週の見通し

円高への動きが強くなった今週ですが、来週の見通しを考えてみましょう。

ドル円はサポートラインであった111円を割ったことにより、円高方向の兆候が見えています。もう少し110円台での下げ止まりがあるかと思っていましたが、先週末に109円台となり、さらなる円高の可能性が高いです。第1の目処としては109円付近、第2の目処としては108円付近が考えられます。

次に豪ドル円、先週も77円後半のサポート帯で何とか支えられました。今週以降も下方向はこのサポート帯がかなり重要なポイントとなります。このポイントは簡単に下回ることはないと思いますが、何かのきっかけでサポート帯を下回ると少なくとも73円台、最大で72円台~71円台あたりまでは円高が進行する可能性が高いです。

日経平均も先週末の下落により、下落方向のシグナルが点灯しました。日経225CFDはすでに21,000円を割っていますが、20,500円~20,400円あたりまで下落が進みそうです。まずは一旦その辺りで下支えされるのではないかと思われます。

3月は中々厳しい相場となっています。とはいえ、何とかプラスの状況でスワップポイントも積み上がっているので、円高方向の動きを警戒し、リスクコントロールをしっかりしたいところです。豪ドル円でサポート帯を割った時には、大きめのショートポジションを取ってみるのもありかもしれません。

 

▼FX自動売買のトラリピはマネースクエア

マネースクエア

▼FX自動売買のループイフダンはアイネットFX

アイネットFX

▼CFD取引はGMOクリック証券CFD

GMOクリック証券CFD

▼CFD取引はDMM.com証券CFD▼

▼CFD取引は岡三オンライン証券CFD▼

 

トラリピ・ループイフダンのおすすめ本

 

 

 

 

運用成績
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Doroをフォローする
30代から始める〇〇

コメント