スポンサーリンク

【2019年4月1週の運用結果】レンジ下限でまたも反発 | 円安方向へブレイクするか

2019年4月1週の運用結果 資産運用
スポンサーリンク

2019年4月1日〜4月6日の資産運用結果をまとめます。

目標の年利15%達成なるか!?

今週の利益は、

合計12,560でした。

4月合計利益は12,560です。

◆内訳

  • FX:12,250円
  • CFD:310円
    通貨ペア リピート回数 利益
    AUD/JPY 2回 8,657円
    ZAR/JPY 1回 2,093円
    CFD(日経225) 1回 310円
    AUD/NZD 5回 1,590円
    合計 9回 12,560円

◆今週のスワップポイント(未決済スワップ損益の増加分):+3,620円

これまで再度レンジの下限まで円高が進んでいましたが、今週は全体的に円安方向へ動きました。

ある程度円高方向への動きも見えていたため、かなり警戒していましたが、完全に反対方向への動きとなりました。

ドル円のショートは含み損に…..円高方向へ動いていた場合の含み損と比較すれば、微々たるものなので全くいいのですが。

ドル円はロスカットし反転ロングすべきかのポイントに来ており重要な局面になっています。

円安方向の目処なども後ほどまとめたいと思います。

先週、日経225CFDも若干マイナスを抱えての売却はもったいなかった。

ただ、こちらはチャート分析によるものではなく、配当狙いで購入したので仕方ないですね。

そんな日経225も一転上昇方向のシグナルが。こちらもドル円と合わせて後ほど見通しをまとめます。

予想とは反対に動いた今週ですが、AUD/NZDのループイフダンも連続して決済され、久々の1万円超えの利益となりました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

来週の見通し

円高予想していたところ一転して円安方向へ動いた今週ですが、来週の見通しを考えてみましょう。

まずドル円ですが、これまで3月に円高方向へ転換し、「第一目標として110円割れ」、「最大で108円まで下落」と予想してきました。110円割れは達成しましたが、そこから円高が進むことはなく、先週には111円台中頃まで戻ってくることとなりました。

ポイントとなるのはこの111円 〜112円。ここを超えることができると113円台〜114円台へと円安が加速する可能性が高いです。私のショートポジションとしても、112円を超えたタイミングでショートポジションをロスカット、反転してロングポジションを取ることを検討したいと思います。

ただし、この111円 〜112円の壁はかなり厚いため、ここで抑えられるとまたも円高方向(「第一目標として110円割れ」、「最大で108円まで下落」)へ進むことになるのではないでしょうか。

次に豪ドル円、こちらも先々週に77円後半のサポート帯を一瞬は下回りましたが、またもレンジ上限に近い79円台へと戻ってきました。こちらは引き続きこれまでと同様の見通しで、下限は77円後半、上限は80円のレンジとなっています。ここを超える・または下回ることになると、一気に円安・円高が加速することになります。ドル円が円安方向へ動くことになると、超えてくる可能性が高いので、どちらの動きも要チェックです。

そして日経平均ですが、22,000円を超えて22,100円ほどまでは上昇しそうな勢いです。ただし、この値を超えてさらなる上昇(昨年の最高値を更新)というのは考えにくいので、22,100円を超えるあたりで上昇が止められるのではないでしょうか。軽くロングポジションを持つのも面白そうです。

4月は円安方向に動いたこともあり、幸先良いスタートとなりました。

裁量と自動売買合わせて、2月・3月の不調分を取り返したいところです。

 

 

▼FX自動売買のトラリピはマネースクエア

マネースクエア

▼FX自動売買のループイフダンはアイネットFX

アイネットFX

▼CFD取引はGMOクリック証券CFD

GMOクリック証券CFD

▼CFD取引はDMM.com証券CFD▼

▼CFD取引は岡三オンライン証券CFD▼

 

トラリピ・ループイフダンのおすすめ本

資産運用 運用成績
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Doroをフォローする
30代から始める〇〇

コメント