【2019年7月2週の運用結果】パウエル発言によりドル安か!?今後の見通しは?

2019年7月2週目の運用成績 資産運用
スポンサーリンク

2019年7月8日〜7月13日の資産運用結果をまとめます。

目標の年利15%達成なるか!?

今週の利益は、

合計-43,314円でした…

7月合計利益は-70,382円です。

◆6月内訳

  • FX:-43,314円
  • CFD:無し
通貨ペア リピート回数 利益
AUD/JPY
ZAR/JPY
AUD/NZD
裁量 4回 -43,314円
CFD(裁量)
合計 -43,314円

 

先週に引き続き今週もマイナス収支に…

7月は調子がよろしくない。

先週も書きましたが、以下のようにドル円のショートをロスカットしたのがマイナス収支の主な要因です。

現在ポジションとしては、ドル円のショートを保有していますが、さらに傷口が広がるか…今週のドル円の動きに注目です。

 

テクニカル分析として円安シグナルが点灯したため、ロスカットからのドテンロングを行いましたが、その直後にパウエル発言でドル安に。。

サポート帯近くで軽くナンピン買いを行い、一部利益も出ましたが、含み損もしっかりと出ています。

現在もドル円はテクニカル的にはまだ円高方向へ転換したとは断定できませんが、厳しいかもしれません。要は騙しだったということですね。

 

ちょっと負けが続いているので厳しいですが、気持ちを切り替え、テクニカル分析・ファンダメンンタル分析を一からやり直し頑張ります。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

来週の見通し

ドル安がどうなるか、そして株高がどこまで続くかがポイントでしょう。

ドル円は株高に支えられ、なんとか保っている感じ。

ダウが下がるとともに円高という可能性は十分になるので要注意かと思われます。

それでは、各通貨の見通しをテクニカル分析中心に見ていきます。

 

ドル円

テクニカル的には107.7円あたりが重要なポイント。ここを終値で割り込むと、目標としては107円、その次は106.5円、最終的には105円台まで下落する可能性が出てきます。上方向は先日のピークであった109円あたりまでか。ロング保有していますが、ちょっと負けが続いているので、長め保有か買値あたりでの売却を目標にするか。。

 

ユーロ円

ユーロもじわじわと下落しています。こちらも方向感としては円高でしょう。重要なポイントである121円のサポート帯も直近に。121円を明確に割り込むと、118円あたりまで円高が進行する可能性が高いでしょう。上方向には122円台半ばが抑制帯になっているため、上昇してもそこまでか。

 

豪ドル円

75円後半〜76円にかなり協力な抑制帯があります。何度も上へ抜けようと攻防が続いていますが、その都度押し返されている状況。現状も上方向へのシグナルは継続していますが、ここまで押し返されていると攻め疲れから反落という可能性も十分に起こりえる。

ここを抜けることができれば、第一目標としては77円、そして次の目標としては79円が見えてきます。久々の80円近くに上がるので、なんとか超えてほしいところではありますがどうなるか。中国の指標からも影響を受けるので、今週も要チェックです。

 

豪ドル米ドル

豪ドル円が上昇傾向にあるのと同様にこちらもテクニカル的に上方向の可能性が高くなっています。ポイントとしては0.702。ここを明確に越えることができれば0.72近くまで上昇が見込まれるかと。ドル安により上昇が続くか、この抑制帯で抑えられるか、豪ドル円にも影響あるので、こちらが重要かもしれませんね。

 

 

 

▼FX自動売買のトラリピはマネースクエア

マネースクエア

▼FX自動売買のループイフダンはアイネットFX

アイネットFX

▼CFD取引はGMOクリック証券CFD

GMOクリック証券CFD

▼CFD取引はDMM.com証券CFD▼

▼CFD取引は岡三オンライン証券CFD▼

 

 

 

 

 

 

 

資産運用運用成績
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Doroをフォローする
30代から始める〇〇

コメント