スポンサーリンク

【2019年6月2週の運用結果】オセアニア通貨下落、豪ドル円はついに70円台突入か

2019年6月2週の運用成績 資産運用
スポンサーリンク

2019年6月10日〜6月15日の資産運用結果をまとめます。

目標の年利15%達成なるか!?

今週の利益は、

合計5,840円でした!

6月合計利益は18,002円です。

◆6月内訳

  • FX:5,840円
  • CFD:無し
通貨ペア リピート回数 利益
AUD/JPY
ZAR/JPY
AUD/NZD
裁量 2回 5,840円
CFD(日経225)
合計 5,840円

 

今週前半はドルが弱く保有していたユーロドル、ユーロ円、豪ドル米ドルのショートポジションにて、含み損が積み上がっていく相場で、ループイフダン(豪ドルNZドル)・裁量ともに利益はほとんどありませんでした。

ユーロ円は円高傾向継続なので、ロスカットまではかなり余裕がありましたが、ユーロドルや豪ドル米ドルはロスカットポイント間際に。。

しかし、週末のドル高・円高にてドル円を除きドルストレート・クロス円通貨全般的に下落となり、利確はまだですが一気に含み益に!

 

特に、豪ドル関連は見事に予想があたりました。

【2019年6月1週の運用結果】弱まるドル、円高も継続 | ドルストレート通貨は上がる?

豪ドル円、こちらも円高方向は継続中です。円高方向からのトレンド転換にはまずは76円を終値で超えられるかどうかがポイント。利下げも想定されているので、今後も円高方向は継続かと思いますが、ここを超えてくると一旦は上方向に戻ることが予想されます。戻ったタイミングでまたショートを仕込めればよいかなと。

次に豪ドル米ドルですが、現在の値である0.7が付近がポイントとなりそう。ここを超えてくるともう一段上昇が考えられそうです。ただ、ドルが買われる方向になると、0.7を抑制帯として下落し0.68~0.7でのレンジに戻るでしょう。

豪ドル円は見事に76円を終値で超えることができず、そこから反落へ。豪ドル米ドルも0.7付近を上値として、そこから下落し週末の終値としては0.687となりました。

豪ドルも少ロットですが、74.8円ショートがいい感じに利益が出てきています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

来週の見通し

来週はFOMCなど重要なイベントがあるので、内容によっては大きく動きそう。

とはいえ、チャート分析により重要ポイントなど整理しておきたいと思います。

 

ドル円

ドル円は上値が重いので可能性は低そうではありますが、上昇のシグナルが出ています。具体的な目標値は109円中盤。現在の状況でロングは積極的にはできませんが、108円を割ることがあればロスカットがよさそうなので、エントリーはしやすい状況です。軽く買ってみると面白いかもしれません。

 

豪ドル円

豪ドル円は引き続き円高の動きが強いです。先週76円を超えることができなかったのが大きい。一定の反発もありそうですが、ここからずるずると下落していきそうです。具体的には第一目標は73円、次は71円前半と、70円割れが目前となりそう。ただし、米中貿易協議に進展があれば77~78円ぐらいまで上がる可能性があるので、引き続き注意は必要です。

 

豪ドル米ドル(AUD/USD)

下落気味の通貨ですが、もう一段下落が見込まれます。具体的なレートを出しますと0.684。ただ、今のレート付近でも一旦はサポート帯になっているので、追いかけ売りはやめておき、ショートポジションも一旦利確するのがよさそう。

 

ユーロ円

そろそろ下げ止まりそうな気配があるユーロ円。ただし、強めのサポート帯があるのは120円後半なのでそこまでは下げる余地も残っています。引き続きドル次第となりそう。ドル高傾向なので、ドル円が上がることになれば、ユーロ円の下げも限定的または上昇に転じるか。

 

ユーロドル(EUR/USD)

こちらもユーロ円同様にドル次第でしょうか。大きめでショートを保有しているので、そろそろ利確を考えたいところ。サポート帯としては1.112付近なので、そのレート付近までは下落も考えられます。スタンスとしては利確後に戻り売りを考えたいところ。

 

G20やFOMCなどイベントが控えています。過度なポジションは取り過ぎず、落ち着いて対応したいですね。

豪ドル円は一段と下落しそうなので、トラリピで保有している85円付近のポジションももう少しロスカットし、裁量に資金を回すのが良い気がしてきました。

70円などあるチャート分析上、落ちきったところでロング厚めすることも考えたい。

 

▼FX自動売買のトラリピはマネースクエア

マネースクエア

▼FX自動売買のループイフダンはアイネットFX

アイネットFX

▼CFD取引はGMOクリック証券CFD

GMOクリック証券CFD

▼CFD取引はDMM.com証券CFD▼

▼CFD取引は岡三オンライン証券CFD▼

 

 

 

 

 

資産運用運用成績
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Doroをフォローする
30代から始める〇〇

コメント