スポンサーリンク

【2019年5月3週の運用結果】週末は円安ドル高へ | 裁量強化の2週目の運用結果は!?

2019年5月3週の運用成績 資産運用
スポンサーリンク

2019年5月13日〜5月18日の資産運用結果をまとめます。

目標の年利15%達成なるか!?

今週の利益は、

合計112,280円でした!

5月の成績は-105,381円です。

◆内訳

  • FX:112,280円
  • CFD:無し
通貨ペア リピート回数 利益
AUD/JPY
ZAR/JPY
AUD/NZD
裁量 10回 112,280円
CFD(日経225)
合計 112,280円

 

オーストラリアの利下げ懸念やチャート分析によるさらなる下落を想定して、先週より豪ドル円のトラリピを一部ロスカット、新規購入を停止しています。

AUD/NZDのループイフダンも決済はなかったため、今週はトラリピ・ループイフダンとリピート系の取引はありませんでした。

一方、「自動売買のリピート系」を中心としたトレードから「裁量」を中心としたトレードへ方針転換した結果ですが、チャート分析通り今週も各通貨のショートが決まり10万円を超える利益となりました。

トレードした通貨は、ドル円・ユーロ円・豪ドル円・トルコリラ円・ユーロドルとクロス円通貨が中心です。全て円安方向のシグナルが出ていたので、ショートをし続け利益をあげることができました。

先週の振り返り

今回およそ85円以上のポジションを全てロスカットしました。90円台は1トラップあたりの取引通過が1000通貨など少なめではありましたが、30万円近くの損失となりました。3年近く保有しているポジションもありましたので、スワップだけでも10万円以上はあったのに、痛い損失です。相場的には60円ぐらいまで耐えることが可能な資金コントロールをしていましたが、ロスカットしてみて、気持ち的にも余裕が生まれ、その後の裁量でも5万円弱の利益を得ることができました。

今後の展開としては、今週利下げしたNZドルのように豪ドルも利下げが想定されます。そうなると受け取れるスワップポイントも減少し損失も増え、買いが可能な価格(60円台後半)も下回ることから、資金効率が悪くなることが目に見えています。

塩漬けになり何も身動きが取れない、スワップもあまりたまらないということだけは避けないといけないため、結果としてはよかったと思います。現在もユーロ円、トルコリラ、豪ドルとショートポジションを保持しているので、トレンドに従った裁量で今回の損失を回復し、さらなる利益向上を狙います。

裁量の好調により、ロスカットした30万円ほどの損失が10万円ほどに縮小となりました。

豪ドル円はロスカット時よりも下落しているため、ロスカットせずに保有していたらさらに含み損が膨らみ、身動きが取れないことになっていましたね。あの時思い切ってロスカットして正解だったと思います。

引き続き下落(円高)傾向は続いているので、まずはロスカット分を少しでも取り返すべくトレードです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

来週の見通し

週末に円安へ戻りましたが、円安へのトレンド転換まではいたっておらず、引き続き円高傾向は続きそうですね。

とはいえ、各通貨ともに一旦は戻る可能性もあるのでリスクを取り過ぎずにトレードしたいところです。

 

ドル円の見通しですが、引き続き109.5円がポイントになるでしょう。ここを下抜けられると108円台へと突入する可能性が高いです。上方向はまだまだ重そうではありますが、反発した場合、1~2円ほどはあがる余地はあるでしょう。

 

豪ドル円も引き続き円高方向の見通しですが、第一目標であった76円台に到達したので、下落の動きはゆっくりになるでしょう。ただ、週末のドル円やユーロ円などクロス円通貨で円安への動きがありましたが、豪ドル円は動きが鈍かったのが気になります。やはり円高圧力はまだまだ継続しているのではないでしょうか。

 

米中対立など一旦材料が出尽くした感じがあるので、しばらくは材料探しになるかもしれません。一定の円安方向への戻りは考えられますが、引き続き円高トレンドで考えていきます。

 

 

▼FX自動売買のトラリピはマネースクエア

マネースクエア

▼FX自動売買のループイフダンはアイネットFX

アイネットFX

▼CFD取引はGMOクリック証券CFD

GMOクリック証券CFD

▼CFD取引はDMM.com証券CFD▼

▼CFD取引は岡三オンライン証券CFD▼

 

 

 

資産運用 運用成績
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Doroをフォローする
30代から始める〇〇

コメント