スポンサーリンク

最高のワイヤレスイヤホン!SENNHEISER MOMENTUM True Wireless2をレビュー | Boseとの違いは!?

SENNHEISER MOMENTUM True Wireless2レビュー ガジェット
スポンサーリンク

アメトーーク!の家電芸人で話題になったワイヤレスイヤホン「SENNHEISER MOMENTUM True Wireless2」。

品川庄司・品川さんがめちゃくちゃ熱弁されていましたね。

あの熱弁っぷりから家電芸人の中で一番気になっていた商品。

ただ、価格が4万円!めっちゃ高い…(;´Д`A

本当にいいの?他と何が違うの?

気にはなっているけど値段的になかなか購入に踏み切れない。

そんな方に参考にして頂けるよう、実際の使用感・ここはもう少し頑張って欲しかったという点をまとめます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SENNHEISERワイヤレスイヤホンを使ってみて

sennheiser momentum true wireless2ってどう?

iPhoneユーザーに人気のAirPods Pro(3万円)より1万円高いSENNHEISER MOMENTUM True Wireless2

どのような点が他の製品より優れているのでしょうか。

最初は一番良かった所をご紹介したかったのですが申し訳ありません。

いきなり期待外れだった点から。

実は、この価格帯から外音を完全に遮音してくれるようなノイズキャンセリングを期待していていました。

残念ながら無音というまでにはならず、想像していたようなノイズキャンセリングでなかった点は少し残念でした(´Д` )

これまでBOSE(SoundSport Free wireless headphones)を利用しており、私自身初めてノイズキャンセリングのイヤホンを使ったので、ノイズキャンセリングに対する期待が高すぎたようです。

とはいえ、Bose SoundSportと比較すると遮音性はすばらしく、装着しているだけでも外音が聞こえにくく、音楽の再生時にはイヤホンから流れる音に集中できるのは素晴らしいと思いました。

購入した際のヨドバシの店員さんもノイズキャンセリングより、音質や使い勝手が素晴らしいですよ!とおっしゃっていましたね。

MOMENTUM True Wireless2の特徴

SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 2の特徴

MOMENTUM True Wireless2の前モデル「MOMENTUM True Wireless」は、国内最大級のオーディオビジュアルアワードで金賞を2年連続で受賞した製品。

その前モデルからさらに進化したワイヤレスイヤホンとなっています。

それでは進化したワイヤレスイヤホンの特徴を見ていきたいと思います。

低音・中音・高音と全ての音域で最高の『音』

初めて聞いたときの没入感、素直に感動しました。

ノイズキャンセリングによる遮音性の高さが影響しているのは間違い無いですが、重厚な低音、伸びのある高音、そして自然な中音域と原音を忠実に再現しており、これまでのイヤホンとは比べ物にならない音質。

さすが75年の歴史を持つZENNHEISERと言える仕上がりです。

 

 

まあZENNHEISER初めて使ったんですけど(・ω・)

イヤホンで音質がこれほどまでに変わるのかということ、初めて感じました。

本当すごい、音にこだわりのある方でも満足できること間違いない音質です。

タッチ操作で自由自在、ユーザーフレンドリーな操作感

個人的に最高だったのが本体部分のタッチ操作による制御などの操作感

ZENNHEISERのタッチ操作

こちらの図のように、タッチ操作だけで次の機能が可能になっています。

本体(左)のタッチで

  • 1回:音楽の再生・停止
  • 2回:次のタイトルを再生
  • 3回:前のタイトルを再生

本体(右)のタッチで

  • 1回:音楽の再生・停止
  • 2回:ノイズキャンセリングをOFF
  • 3回:ノイズキャンセリングをON

もちろんボリュームの上げ下げも本体長押し(右でボリュームアップ、左でボリュームダウン)で可能。

ランニング中でも簡単に曲の選曲ができるようになりました。

再生するタイトルの変更も便利ですが、何より本体(右)タッチによるノイズキャンセリングのON/OFFができるのが最高です。

通勤中に音楽を聞きながら、最寄りのコンビニで買い物をすることありませんか?

これまでは、レジの直前などにイヤホンを外して店員さんとやり取りする必要がありましたが、MOMENTUM True Wireless2ではタッチ操作でノイズキャンセリングをOFFにするだけ。

自動で音楽が停止され、遮音性が低下し外音が聞こえるようになります。

イヤホンをつけていても店員さんと会話することは全く問題ありません

これは便利すぎる!

 

また、片側だけでもイヤホンを外すと、自動で音楽が停止されるのも地味に嬉しい機能。

普通イヤホンを外してもそのまま再生され続けることがほとんどですよね?

スマホなど本体側で再生を停止しないといけないのは面倒なんですよね。

MOMENTUM True Wireless2ではイヤホン外してケースに片付ければOK!

ちなみにこちらのタッチ機能、スマホのアプリを利用することで、自分好みにカスタマイズすることができます。

こういう細かい作り込みも、ユーザーには嬉しいです。

アクティブノイズキャンセリング機能

残念な点としてノイズキャンセリング機能を挙げましたが、やはり通常のイヤホンと比較すると遮音性は高く、電車などノイズが大きい環境でもボリュームを大きく上げずに音楽に没頭できるのは嬉しいポイント。

飛行機や新幹線など外音が大きい環境では特に効果が高かったです。

長時間のフライトでは、映画やドラマを視聴することが多いのですが、少しでも静かなシーンではエンジン音が気になって動画に集中できないんです…

この点を解消してくれただけでもMOMENTUM True Wireless2を買う価値はありました( ´ ▽ ` )

最大28時間のバッテリーライフ、途切れにくい接続性

本体最大7時間・ケース最大21時間と合計最大28時間の利用が可能な大容量バッテリーを搭載。

移動で1日利用してもバッテリーがなくなることはありません。

Boseとの比較になりますが、数日はバッテリーの持ちが良い印象です。

そしてワイヤレスイヤホンで必ずと言っていいほど問題になる接続性。

実際に使った感想としては、ターミナル駅で利用していても、ほとんど途切れることはありません。

これは本体側の違いによっても変わってくるかと思いますので、一概には言えませんが、今のところBoseよりは安定しています。

さすが、プロ向けワイヤレスマイクロフォンの分野で長年定評あるゼンハイザーのノウハウを存分に活用しているだけあります。

IPX4に対応・ランニングにも最適

IPX4に対応した防滴のため、ランニング中の急な雨でも安心。

ランニングしていてもずれる・外れるということはないので、運動にもおすすめできるイヤホンです。

機能面だけでなくおしゃれなデザインも最高

デザイン性の高いSennheiser Momentum true wireless2

シンプルでいて洗礼されたデザイン、機能面だけでなく外観にもこだわりが見られます。

テレワークでのビデオ会議でもぜひ活用したいアイテム。

まとめ ~ MOMENTUM True Wireless2を利用してみて ~

ワイヤレスイヤホンとしては最高の商品だと感じたSENNHEISER製MOMENTUM True Wireless2。

音質、操作感、デザインどれをとっても満足できる内容です。

価格的に悩んでいるなら是非購入を!とは言いにくいのですが、気になる方はぜひお近くの家電量販店で視聴されることをお勧めします。

私もヨドバシカメラで試してみて、これは間違いないと確信してから購入しました。

ぜひ、SENNHEISER MOMENTUM True Wireless2で素敵な音楽ライフをお送りください!!

 

ノイズキャンセリングはありませんが、スポーティーなデザインが好みの方は、BOSE(SoundSport Free wireless headphones)もおすすめです。

コメント