スポンサーリンク

炭酸水メーカーはソーダストリームがオススメ !ランニングコストも解説【ハイボール】

炭酸水メーカーはソーダストリームがオススメ 家電
スポンサーリンク

アサヒ飲料の炭酸水である「ウィルキンソン」が過去最高の売上(2019年1〜3月期)を更新するなど、健康やダイエットにも良いと炭酸水の人気が広がっています。

ペットボトルで購入するのもいいですが、飲む頻度が多くなるにつれて気になるのがゴミの量やコスト

  • ペットボトルのゴミ
  • 炭酸の強度調整
  • 費用・コスト
山のような量の空ペットボトルは捨てるのも面倒で環境にもよくないですよね。

そこで我が家ではSodaStream(ソーダストリーム)を購入し、自宅で炭酸水を作るようになりました。

これまで7年ほど利用していますが、ソーダストリームの使い勝手やランニングコスト・おすすめ機種について紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SodaStream(ソーダストリーム)とは

ソーダストリームとは

ソーダストリームは世界中の過程に毎年約20億リットルの炭酸水を提供している、世界No.1炭酸水ブランド

ソーダストリームの歴史は古く、1903年に家庭で簡単に炭酸飲料を作ることができるソーダメーカーを開発。今では世界45カ国70,000店を超える店舗で販売されています。

日本国内でも、全国に3,000店以上の取扱店舗があり、オンラインショップでもソーダストリーム製品を購入することができます。

ソーダストリームをおすすめする理由

ソーダストリームを7年以上利用した私がおすすめできると思う理由は次の5つ。

  1. ゴミがでない
  2. コストが安い
  3. 炭酸の強度調整ができる
  4. とても簡単に作ることができる
  5. メンテナンスが簡単(ガスボンベの交換)

ゴミがでない

ソーダストリーム本体、ガスボンベ、専用ボトルさえあれば炭酸水をつくることができます。

当然、ペットボトルやカンのゴミが出ることはなく、ゴミの処理をする必要もなく非常にエコですね。

公式HPによりますと、一般家庭で消費される炭酸飲料は500ml容器に換算して、1年で400本近くにもなるそうです。

コストが安い

ソーダストリームのコスト

市販の500mlの炭酸水がおよそ100円なのに対して、ソーダストリームは18円です。

1日500ml飲む場合、なんと半年かからずに購入金額の元をとることができる計算になります。

炭酸の強度調整ができる

コストやゴミの問題もありますが、この強度調整ができるのがソーダストリームを購入する大きなメリット。

市販の炭酸水では商品によっては強さが足りないと思うことはないでしょうか。

ソーダストリームですと、自分で調整することができるので、いつでも好みの炭酸水を飲むことができます。

また、炭酸が抜けてしまった場合は、ボトルに水を注ぎ足して改めて作り直すことも簡単にできます。

簡単に作ることができる

ソーダストリーム使い方

ソーダストリーム使い方2

ソーダストリーム本体に水を入れた専用ボトルをセットし、上部のボタンを数回押すだけで美味しい炭酸水が出来上がります。

以前は専用ボトルを回して取り付けていましたが、最近のモデルは押し込むだけで取り付けることができるので、さらに簡単になっています。

仕事終わりのハイボールも夏場に喉が乾いた時の炭酸水もさっと作ることができます。

メンテナンスが簡単

ガスボンベがなくなったらボンベの交換を行うだけで、清掃や定期メンテナンスは一切必要ありません。

ガスボンベは交換制なので、予備を保管しておくとよいでしょう。

毎日1Lの炭酸水を作った場合、ガスボンベはおよそ1ヶ月ほど持ちます。

1ヶ月に1度(頻度によっては2ヶ月に1度)、ガスボンベの交換をするだけなので非常に簡単です。

ガスボンベのコストも2,000円なので、非常にリーズナブル。

ソーダストリームはこんな人におすすめ!

簡単に、安く、好きな強さの炭酸を作ることができるソーダストリーム。

次の項目に当てはまる人はぜひ購入をおすすめします。

  • 市販の炭酸水を購入している
  • 強炭酸が好み
  • 家でも美味しいカクテルやハイボールをおトクに飲みたい

500mlでおよそ18円なので、炭酸水をよく飲む方であれば、すぐに元を取ることができるでしょう。

それ以上に自分で強さの調整ができる炭酸水は最高に美味しいです!

おすすめ製品とお得に購入する方法

ソーダストリームには価格帯によっていくつかラインナップがあります。

一番高い製品だとおよそ3万円と一般的なソーダストリームと比較して倍以上の値段になります。

しかし、機能の違いはボタンを複数回押して手動で作るか、1回ボタンを押して後は自動で作るかだけです。

この機能だけにそんな値段は出す必要ないでしょう。

そこで私がおすすめするのは、スターターキットとして提供されているコチラ

ソーダストリーム本体だけでなくガスボンベ、専用ボトル(1L、500ml)がセットになっているため、手元に届いてすぐに炭酸水を作ることができます。

ソーダストリームスターターキット

スターターキットと合わせて購入をオススメするのが、予備のガスシリンダー

予備用ガスシリンダー

ガスボンベは店舗や郵送での交換が必要なので、ガスがなくなると炭酸水を作ることができなくなります。

私はこのタイムラグが我慢できず、予備用ガスボンベの購入をして、ガスがなくなったら交換し補充ということを繰り返しています。

ソーダストリームはamazonや楽天でも購入することができますが、価格が一番安いのは公式サイト です。しかも公式サイトだと、公式サイト限定ボトル(500ml)が付いてきます。少しでもお得な公式サイトから購入することをおすすめします!トはこちら

ソーダストリームで作ったハイボールを飲むのにオススメのグラスのボダム。

2層構造のダブルウォールグラスのため、水滴が外側につきません!

オシャレで機能的なボダムについても、まとめていますのでぜひご覧ください。

コメント